飛渡瀬 飛渡瀬中学校跡之碑

飛渡瀬中学校A 
この記事は後載せ(2014/12/14)です。

 

先日、「・・・45年前・・・学校の臨海学校で、飛渡瀬中学校を宿舎としてその目の前の海で、遠泳をしたりした記憶があり、すでに廃校ときいている飛渡瀬中学が、どこにあったのかお聞きしたい・・・」とのメールをいただきました。

 

で、慌てて「大柿町史」を読み返しますと、昭和22年4月1日実施の学校教育法(6・3制)により、立ち上がりは小学校を使用しての中学教育から、大柿町立中学、飛渡瀬村立中学、深江村立中学となりましたが、将来の町村合併を見据え、その3校を合併して大柿中学校(大原)の創設となりました。

ところが、諸事情あって、わずか数年で解体、元の3町村3校制となりました。

 

その後、町村合併も軌道に乗った、昭和32年深江中学を、同51年飛渡瀬中学を統合し大柿町立大柿中学校と成りました。

 

画像は国土地理院提供の、1974年(昭和49年)~1978年当時のものです。

中央やや上部に、飛渡瀬中学校のグラウンドと校舎建物が見えます。

2014-12-10 026 
航空写真に見える、新高須川河口を尋ねますと、中学校校舎は痕跡もなく、今は市営のアパート群が大きく青空に映えます。

2014-12-10 027 
市営アパートの中庭的部分に、巨石を配して「飛渡瀬中学校跡之碑」が建ちます。

2014-12-10 019 
中学校校章を彫った大理石プレートです。
大きく羽ばたく翼と、波静かな内海をデザインしたものでしょう。

2014-12-10 018 
校 歌
  長坂堯雄 作詞
  山本 秀  作曲

一、黒潮の寄する高鳴り 黒鐘に鍛えしからだ
     若萌ゆる命あふるる 飛べよ翼 海原遠く
   共にかけらん 共にかけらん

二、島明けの澄める渚に 真道山 さやかに映えず
    黎明の叡智ひらめく 究めよ心理海底ふかく
       共に探らん 共に探らん

 
昭和五十一年三月二十五日 建之
  飛渡瀬中学校PTA
  仝   中学校生徒会
  仝   中学校同窓会

2014-12-10 025 
「皐月 百六十本」 昭和四十五年度卒業生の石柱もありましたが・・・
付近にサツキの木々は見当たりませんでした。

記念碑の周は、晩秋のモミジの小枝が秋風にカサカサと擦れ合うだけの静けさです。

2014-12-10 035 
いま飛渡瀬ジュニアハイスクール跡地は、ご近所ノラさんたちの寺子屋兼集会所です。
一時限目は、「あやしい人間との間合いの取り方について」・・・(*^。^*)です。

2014-12-10 028 
45年前の夏、臨海学校としても提供できる綺麗な砂浜と波穏やかな内海をもった、「飛渡瀬中学校」が、此処にありました。

内海の先に広がる江田島湾、その対岸には古鷹山系の峰々が大きく波打ちます。

2014-08-19 016 (1003x635) 
画像は昭和26年の飛渡瀬中学校を海側から写したもので原画は「大柿地区歴史資料館」に保管されています。

前年?の台風による高潮で防波堤が崩壊、石を積み直し修理を終えたばかりの様子です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!