大原 叶枩神社

5)大柿町南部 叶松神社 
大原地区の北端、大原湾を北西風から守る岬の先端に「叶枩神社」(かのうまつ神社)が鎮座します。

ちなみに枩は松の異体字で、動用字とも呼ばれ、読みも意味もまったく同じです。
おなじような異体字には、峰と峯、町と甼、郡と羣などがあります。

叶松神社A 
グーグルマップでみる、大原湾です。
湾最奥の小舟を守るかのように突き出た岬の先端に叶枩神社があり、古来帆船の行き交う風光明媚な地であったようで、新宮八幡社に奉納された歌にも詠まれました。

春の歌 「叶松帰帆」
   帰る帆に ゆきあたらふぞ 春の雁
                    茈姜

2014-10-29 115 
元は岬の先端付近にポツンと離れてと祀られていたのでしょうが、今は社殿と隣家の屋根が接するまでに奥まった位置で鎮座します。

2014-09-17 077 
がっしりとした造りの社殿には、重厚な銅葺きの屋根が乗ります。

2014-09-17 073 
「叶枩神社」の祀神ははっきりしませんが、大国主?とも客神?とも・・・

蛇足になりますが、山口県山陽小野田市に叶松と呼ばれる地名があります・・・(^_^;)です。


2014-09-17 076 
正面と左右の格子戸はピカピカの朱塗りで仕上げてあります。

2014-09-17 070 
境内がとても狭いことを除けば、社殿の周りも綺麗に掃き清められていて、この地域の人々により大切に維持管理がなされている様子が伝わってきます。

2014-09-17 067 
朱塗りの社殿が周囲の煩雑な景色を引き締め、威厳のある空間を作り出しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!