大原 荒神社

5)大柿町南部 大原荒神社 
急峻な陀峯連山の山肌を削り大原湾へと流れ込む八幡川、その流れも緩み始めるこの地に、斜面を均し水を引いて農地を開墾していただろう人々の最大の関心は、干ばつや風水害などの自然災害をいかに回避し安定した生活を維持できるかに尽きます。

人知ではいかにもしがたい自然の猛威には神以外にたよるすべはなく、神より他に収めることはできません。

ちなみに、荒神信仰は、西日本、特に瀬戸内海沿岸地方で盛んであったようで、各県の荒神社の数を挙げますと、岡山(200社)、広島(140社)、島根(120社)、兵庫(110社)、愛媛(65社)、香川(35社)、鳥取(30社)、徳島(30社)、山口(27社)のように中国、四国等の瀬戸内海を中心とした地域が上位を占めています。
(ウィキペディアよりコピペ・・・m(__)mです。)

荒ぶる神々を敬い荒ぶれる神々鎮めるため、この地にも荒神社が建てられました。

2014-10-15 032 
昭和の50年頃までは、荒神社の周りはすべて水田で埋め尽くされていました。
その水田から僅かにもり上がった境内には若桜が育ち、春風を受けて舞う花びらの下、牛を操り苗代の準備をするお百姓さんらが集まっては世間話に笑い、泥の付いた足を投げ出して一休みする場所でした。

2014-10-15 034 
今、人々が集うのは祭の一時期だけ・・・

2014-10-15 039 
正面に張られたしめ縄が寂しく風に揺れます。

2014-10-15 040 
神殿入口の戸はガッシリとロックされています。

子供の頃に見たようなデザインのこの錠前、刻印の「SKC LOOK NO800-1」をたよりに検索しますと、「南京錠・鍵メーカーSKC(小庄金物株式会社・大阪)」、がヒットしました。


この錠前は南京錠の倉庫錠と呼ばれるもので、カニが手を開くように左右扇形に開きます。


ちなみに、小庄金物は
1941 小庄末廣が大阪市南区にて小庄末廣商店を創業したことに始まり、・・・学校などの団体様や、運送業・倉庫業など流通業の皆様を中心に、様々な場所・用途で使用されている南京錠などのアナログな鍵のご要望にお応えします。弊社では自社ブランドであるSKCの南京錠やロックについてセミオーダー、別注対応も承っており、南京錠・鍵メーカーとしてお客様のご要望のひとつひとつを実現します。

・・・と、ありましたが、画像と同じような錠前はすでに販売終了となったようです。

2014-10-15 035 
境内片隅に「荒神社再建記念碑」灘尾弘吉書が建ちます。
裏書を見ますと、昭和三十五年五月五日竣工と・・・。

2014-10-15 041 
いつ頃からこの地に祀られたのか定かではありませんが「能美島誌」宝暦13年(1763年)には、「荒神祠大原村にあり地神なり」との記録があります。

ちなみに、当時の人々はどんな動植物に興味を抱き生活に利用していたのでしょう。

文政二年(1819)の「国郡志書出帳」に記載された近隣の深江村、飛渡瀬村、小古江村の産品を列挙してみます。


深 江 村 の 産 品

 草木花実

松・栗・楠・枇杷(ビワ)・梅・桜・椿・橙(ダイダイ)・柿・杜鵑花(サツキ)・女郎花(オミナエシ)・土筆(ツクシ)・菊・菖蒲(ショウブ)・水仙・南天

 薬品

桔梗(キキョウ)・半夏(カラスビシャク)・白朮(オケラ)・砂参(ハマボウフウ?・ツリガネニンジン?)・防風(ボウフウ?・ハマボウフウ?)・芍薬(シャクヤク)・香附子(ハマスゲ)・天門冬(クサスギカズラ)・麦門冬(ジャノヒゲ)

 物産

蕎麦(ソバ)・唐黍(トウキビ)・大根・大角豆(ササゲ)・緑豆(リョクトウ?)・猿豆(エンドウ)・荒芋(サトイモ)・牛房(ゴボウ)・白瓜(シロウリ)・黄瓜(キュウリ)・唐瓜(キュウリ?・マクワウリ?・カボチャ?)・冬瓜(トウガン)・茄子(ナス)

 五穀

米・麦・粟(アワ)・大豆・小豆(アズキ)

 禽獣類

野鶏(キジ)・鳩・山鳥・鴈(ガン)・鴨・白鷺(シラサギ)・ひはり(ヒバリ)・鳶(トビ)・目白(メジロ)・蕉(スズメ??)・鶯(ウグイス)・螢(ホタル)・狐(キツネ)・狸(タヌキ)・雞(ニワトリ)・猫・犬・海獺(スナメリ??)・山獺(アナグマ??)・鼬(イタチ)・蛇(ヘビ)・ひはかり(???)・蚯蚓(ミミズ)・蟻(アリ)・蜂(ハチ)・あぶ

 海産

煎海鼠(イリナマコ)・鯛(タイ)・鱸(スズキ)・玉口魚(?)海鼠(ナマコ)・榮螺(サザエ)・鰺(アジ)・鰯(イワシ)・小貝(?)・鮴(メバル??)蛸(タコ)

飛 渡 瀬 村 の 産 品

 草木花実の類

マツ・クス・カシ・スギ・クリ・シイ・ヤナギ・エノキ・カキ・マキ・ビワ・ナンテン・ネズ?・ツバキ・タケ・サクラ・ウメ・キリ・クワ・ロウ(ハゼノキ?)・アオキ・モモ・ナシ・サンショウ・フジ・ツツジ・スイセン・ノギク・アサガオ・オニアザミ・ナデシコ・ケイトウ・オミナエシ・アオイ・ショウブ

 諸薬の類

キキョウ・オケラ・ハマスゲ・ハマボウフウ?・カラスビシャク・ジャノヒゲ・ブクリョウ(キノコ)・ボウフウ?・ハクトウカ(モモ)・ベニバナ・ニンドウ・マニ(アサ)・ゴバイシ(ヌルデ)

 物産の類

コメ・ムギ・ダイズ・アズキ・ソバ・アワ・キビ・ヒエ・ササゲ・トウキビ・ケシ・エンドウ・コウゾ・ワタ・タバコ・チャ・リュウキュウイモ・サトイモ・ヤマノイモ・ダイコン・ゴボウ・ネギ・フキ・ミョウガ・セリ・ナズナ・アカザ・ワラビ・ツクシ・ヒツリ??・ユリ・トウガラシ・タデ・ホウフラ(カボチャ)・キュウリ・ナス・ラッキョ・トウガン・ツワブキ・ヨメナ・ミツバ

 鳥の類

ニワトリ・キジ・ウグイス・ハト・ホトトギス・スズメ・ヒヨドリ・トビ・サンコウチョウ?・カラス・カモメ・サギ・ヤマドリ・ツバメ・カワセミ・メジロ・バン

 獣の類

イヌ・ネコ・シカ・キツネ・イノシシ・ネズミ・ウサギ・マミ(タヌキ?アナグマ?)・モグラ・テン

 虫の類

ホタル・セミ・チョウ・アブ・ハチ・ハエ・キリギリス・ケラ・アリ・カタツムリ・クチナワ??・ムカデ・トンボ・カエル

 海中生類

タイ・ハモ・スズキ・ハマチ・アナゴ・イワシ・エイ・タコ・カレイ・メバル・タナゴ・チヌ・イカ・アジ・マテガイ・アサリ・ハマグリ・ツブ

 

小 古 江 村 の 産 品

 竹木花実

マツ・スギ・クリ・ビワ・ウメ・サクラ・ツバキ・ヤナギ・モモ・マキ・カキ・ツツジ・カシ・キク・ボタン・ホトケノザ・アサガオ・スイセン・アヤメ・カキツバタ・ナデシコ・セキチク・センニチコウ・キンギンソウ?・シノブ

 五穀

コメ・ムギ・ダイズ・アワ・キビ

 物産

ツバキ・ワタ・イモ・ソバ・トウキビ・ダイコン・ササゲ・サヤマメ・アズキ・ソラマメ・エンドウ・サトイモ・ゴボウ・チシャ・フキ・ワケギ・ネギ・ナス・キユウリ・ウリ・トウガン・ホウフラ(カボチャ)・クチウマ??・ミョウガ・ゴマ

 薬品

キキョウ・オケラ・カラスビシャク・ニンドウ・ジャノヒゲ・チンピ(ミカン)・ボウフウ?・クズ・ハマスゲ

 禽獣類

カモ・ヒヨドリ・シジュウカラ・ヒバリ・キジ・スズメ・カラス・サギ・トビ・モズ・バン・ウグイス・ヒワ・チドリ・カモメ・コウモリ・カ・ブト・ハエ・セミ・トンボ・ホタル・ケラ・アリ・ヘビ・ハタオリムシ(キリギリス)・イヌ・ネコ・ウサギ・シカ・マミ(タヌキ?・アナグマ?)・カワウソ?

 魚類

タイ・カレイ・ナマコ・アナゴ・サバ・イワシ・タコ・此代(コノシロ)・ボラ・ハテ(ハタ?・マテガイ?)・カナス(カマス?)・エビ・片握(ハゲ?)・メバル・チマキ(ヒイラギ?)・シラウオ

以上「大柿町史」よりコピペ・・・m(__)mです。

大原荒神社19480107

画像は1948年(昭和23年)1月7日のアーカイブ空撮画像です。


大原荒神社は画像のほぼ中央、田んぼの中に小さく写っています。

右上のこんもりした小山が新宮八幡社で、現在大柿中学校のある場所は、昭和20年の水害(枕崎台風)で土砂が堆積して白く写っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!