大原 陀峯山

5)大柿町南部 陀峯山 
大原の真南に位置する、能美島南部での最高峰が陀峯山(438m)です。
陀峯山は独立峰ではなく、高清水山、陀峯山、一本松山と北東から南西へと伸びる尾根の頂点です。
ですので、見る方向によってはとてもなだらかな山に見えますが、北西側と南東側には目がクラクラしそうな断崖を伴います。

さらに、陀峯山(だぼうざん)とも陀峰山とも云われる山名は戦後になって付けられたもので、以前はただ単に、御山(みやま)とだけ呼ばれていたと聞きます。

新たな山名となった事の仔細は不明ですが、いずれにしても、古来より神聖な山として地元住民の敬拝対象であったことには違いありません。

蛇足になりますが、大柿町史では陀(峰)山432,6mと記され、国土地理院の陀(峯)山438mとはずいぶんな標高差があります。
これは、山としての最高地点ではなく信仰対象としての陀峯山聖地の標高を示しているのだと・・・(*^。^*)・・・想像します。

ちなみに、江田島町の古鷹山も山頂石碑には「標高392米」と彫られていますが、地理院標高は394mと記されています。

2012-09-12 001 005 
海を渡った対岸の倉橋島から見た陀峯山の山頂です。右手前のピークは大君地区の深道山(327m)です。

なだらかな山容の陀峯山ですが、対する南東面は急峻な地形で、山頂からほぼ垂直な岩盤が数百m下まで続いているのが見て取れます。

100424 001 
陀峯山登山道の終点である山頂付近はきれいに整地されています。
この日は、無線通信を趣味とする仲間が集まって、「CQ、CQ、こちらJA・・・」とか、よくわからない日本語?をしゃべっていました・・・(^_^;)です。

100424 012 
陀峯山の最頂部にはTVの中継局があり、一段下がった南側にはログハウス風の天体観測施設があります。

2012-12-02 002 015 
陀峯山山頂の南東側です。
足元は一気に数百メートルの落差があり、初めてだと下を見るのに心の準備が必要です。
数年前まではこの位置に木組みの助走台を取付けて、ハングライダーが優雅に空を舞っていましたが・・・

対岸は倉橋島の岳浦山(491m)です。

2014-05-07 002 105 
東側には音戸町の早瀬、藤脇と倉橋町釣士田の港が見えます。
視界が良い日には遠く四国連山が遠望できます。

2014-05-07 002 109 
陀峯山の東南、画像中央部の尖った山は倉橋町火山(408m)、その先にうっすらと四国連山です。

100424 026 
山頂から見た北北東、江田島町江南地区の一部や、遠く呉市吉浦から呉市街の半分くらいまでが見えます。

100424 A029 パノラマ写真 
北の大原湾から南西方向の海上に浮かぶ長島、我島にかけてのパノラマです。
画像の最右翼に大原湾、その先に西能美の最高峰野登呂山(542m)、中央部の大きな島が大黒神島、その手前に沖野島、画像左の小さな島が長島でその右に点のように見えるのが我島です。

大黒神島と我島の間に目を凝らせば、遠く甲島(かぶとじま)が見えます。
この甲島は頭にかぶる兜のような特異な形で岩国沖15kmに浮かびます。島の半分が広島県大竹市、半分が山口県岩国市となっていますが、かっては甲島の草刈り権利をめぐって当地能美の島民ともめごとになったこともあったとか???・・・、時の仲裁如何では一部が江田島市となっていたかもぉ~・・・(^_^;)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!