大原 国道487号・県道300号

5)大柿町南部 国道487・県道300 
大原地区を南北に貫く国道487号線は、南の大君(早瀬大橋)と北の小古江、鹿川、中町、高田を繋ぐ大動脈です。
また県道300号線は東の柿浦と西の深江、さらにその南の海岸(釣附橋)までを繋ぎ、大原の中心部で国道487号と交差します。

大原地図1975 
今は国道487号と呼ばれる大動脈も、昭和50年当時はまだまったくの手つかずで、八幡川沿いに蛇行して走る旧道の大君線は対向する大型車にはきわめて不便な道幅でした。

画像で見れば、県道300号のほうがより早くに整備改良が進められています。

大原地図1981 
今までは、さほどに重要視されていなかった大君へと続く道も、昭和48年(1973年)の早瀬大橋開通と共に道路幅拡張整備の声が高まり、早瀬大橋開通から8年後の昭和56年になり、やっと大原地区内でも道路の拡張やバイパス工事が始まりました。

画像では矢比津バイパスはすでに完成し、大柿高等学校から大柿中学校グラウンドの手前まで新道のラインが引かれ、その道路用地に白く盛り土がなされていく様子が見えます。

2014-10-27 091 
大柿町の大君から江田島町の切串までの道(一部海上)が、国道487号に制定されたのは平成5年4月1日(1993年)です。
それを祝って大原地区の中心部、国道487号の路脇に「一般国道四八七号 昇格記念」の石碑が建てられました。

2015-02-15 020 
大原から小古江、鹿川へと続く、矢比津地区の旧道です。

往時は大原地区でもっとも賑わいのあった商店街筋ですが、海沿いに幅広のバイパス道ができたせいもあってか、人や車の行き交いは突然に途絶えてしまいました。

2014-08-11 121 
旧道と大原港とに挟まれた好位置にあり、船具などを商う大店でしたが、しばらく見ぬ間に大看板に有った商店名は消しとられたようです。

閉ざされた窓のカーテン越しにステンレス光沢の船具がキラリ光を反射します。

2014-08-19 009 (1024x767) 
大柿地区歴史資料館展示の、大原、柿浦間道路改良完成記念(昭和12年)の祝賀パレードを写した一コマです。

古来大原と柿浦とを結ぶ街道は最重要であり、古くから開けてはいましたが、途中の峠道は急こう配で車の通行には難渋しました。
そのため昭和12年、難所であった福連木峠を大きく切り崩して車の通行を助けることになりました。

ちなみに大柿町に最初の自動車が現れたのは大正15年の頃で、昭和2年頃からは乗り合いのバスが運行、柿浦から大原、鹿川を経由して能美町の中町(中村)の間を往復しました。

その後呉市営バスが江能線として延長開通したのが昭和19年、長く市民の足として親しまれてきましたが、収益の悪化により呉市営バスが撤退したため、2008年4月、第三セクターの「江田島バス株式会社」が江田島市内の路線を引き継ぎました。

2014-05-22 002 071 
上のセピア写真とほぼ同じ位置を写したもので、右の方向が柿浦との境となる福連木峠です。

その後も何度かの改良工事を行い、かってこの福連木峠が難所であったことを知る人は少なくなりましたが、今も県道300号線として大原と柿浦とを結ぶ最重要道です。

2014-09-15 022 
県道300号線は衆議院議長でもあった、灘尾弘吉氏(1899~1994年)の生家(木綿の製造・醤油醸造)前を通過し、すぐに国道478号と交差します。

軒下には新宮八幡宮の祭礼をひかえて、しめ縄が張られています。

2015-02-23 093 
県道300号が整備される前の、大原から深江地区へと続く旧道です。

銘木を扱うお店だったようで、小さなお家ですがしゃれた感じの店構えです。
色のかすれた看板には、株式会社 光田銘木店 創業大正14年 高級建築材、変木銘木、天井板〇〇、北山・吉野産杉丸太?などが読み取れます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!