深江 宗顕寺

5)大柿町南部 宗顕寺 
この深江地区で、もっとも古くに開かれただろう深江湾の最奥に、浄土真宗本願寺派 永寶山宗顕寺の伽藍が建ちます。

2014-02-03 002 055 
お寺のぐるりを民家に囲まれ、境内を広くとることはできませんが、本堂、山門、経堂、鐘楼それぞれが丹精込めた最上級の仕上がりとなっています。

2014-02-03 002 051 
山門の前には頂部に砲弾を乗せた鎮魂の碑が建ちます。
長年の風雨で読みづらいのですが、於松島艦・・・ 於日露戦役・・・ 於日独戦役・・・の文字が刻まれています。

ちなみに、於松島艦とあることから、頂部の砲弾は日清開戦前の清国北洋艦隊に配備されていた戦艦「鎮遠」と「定遠」の30.5cm主砲に対抗すべく急ぎ建造された、大日本帝国海軍の防護巡洋艦「松島」の32cm主砲砲弾だろう?と思われます。

また、日露戦役とは1904~1905年、朝鮮半島、満州南部、日本海を主戦場にした帝政ロシアとの戦争、日独戦役とは1914~1918年、第一次世界大戦下連合国軍に所属した大日本帝国とドイツ帝国との間で、青島、南洋諸島を戦場とした戦です。

鎮魂碑のそばには黒御影の石板に、日支事変戦没者、大東亜戦争戦没者、学徒動員死没者の御霊も祀られています。

2014-02-03 002 058 
白塀で囲まれた山門へと登る石段の下に永寶山宗顕寺の由来が記された石板が建てられています。

宗 顕 寺 由 来
往古 妙華山妙顕寺と号し真言宗なり、真言七代目僧 善教 真宗に帰依、改宗して永寶山宗顕寺と唱耒す。
慶長元年三月深江郷中に一宇を創建し、是を浄土真宗宗顕寺の開祖となす。
開祖 善教は姓を藤原左大臣、魚名公末流 西山土佐守、紋所九曜三蝶の内二十六葉の菊、生国 甲斐の国 教礼寺の郷 西山代々居住。

蛇足となりますが・・・
いつの頃からか、円仏山(深江字下郷 121.4m)の中腹に真言宗 妙華山妙顕寺ありました。
慶長元年(1596年)三月、妙顕寺七代目善教が真宗に帰依、同年円仏山を下りて、深江郷中に浄土真宗 永寶山宗顕寺を創建しました。
宗顕寺開祖となった善教は、藤原左大臣魚名公の末流で生れは甲斐、姓を西山土佐守と云う・・・云々。

2015-05-10 113 
繊細な彫刻が施され、威風堂々と組まれた山門は総ケヤキ材で造られています。

2014-02-03 002 060 
山門の左右に大きく張り出した、冠木の端には九曜の紋が光ります。

2014-02-03 002 063
本堂正面に掲げられた寺額には金泥で「永寶山」とあり、向拝柱を結ぶ虹梁の木鼻には鋭く刻まれた獏があって、頭上より四囲を睨みます。

この宗顕寺には寺宝として、蓮如上人(1415~1499年)の手となる「六字名号」が伝わります。
この名号は「南無阿弥陀仏」と書かれた、幅27cm、丈75cmの掛け軸です。

2014-02-03 002 059 
赤間神宮のような造りをした優美な鐘楼です。
竜宮造りとも云われる様式で、江田島市内には他に類例はありません。

100628 034 
本堂脇には六角堂「菩提苑」が建ちます。

この六角堂に相対して庫裡があり、その前に菩提樹の古木があります。
毎年6月の中頃、菩提樹の白い小さな花から甘い芳香があふれでて、境内いっぱいに漂うと云います。

100628 041 
本堂大屋根の葺き替えで降ろされた古い鬼瓦の左右にハートの模様がくり抜かれています。
このハートのくり抜きをイノシシの目にたとえて、猪の目と呼びます。
日本古来からある文様で、神社仏閣を問わずに使われていますが、獣の眼力を利用した魔除け、菩提樹の葉っぱ、葵の紋と同じなど諸説あるようですが、招福の意味もあって縁起の良いものだとか・・・(*^。^*)です。

2014-10-29 076 
屋根に乗る鯱を黄金にして、柱や手摺に朱を塗れば、もうそのまんま竜宮城・・・(*^。^*)です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!