深江 いいとこ撮り 4/5

2015-02-23 064 
深江地区の北部大附には現役の長屋門を持つお屋敷があります。

土台となる敷石は花崗岩を整形加工して隙間なく並べ、縦に張り付けた杉の板壁には黒く焼きが入っています。

2015-02-23 062 
観音開きの丈夫そうな門扉にも焼きを入れてありますが、板材は斜めに張られデザイン性も考慮した造りです。

また石段の上には犬除け?の格子柵が取り出せる仕掛けとなっています。

2015-02-23 057 
内部の様子はわかりませんが、納屋や作業場、予備の小部屋として使われているようです。

2015-05-10 032 
海風の強い海岸沿いの建物は庇を短く、二階の高さも低く設計されます。
家族の多かった戦後の一時期、母屋に続く離れの部屋として造られたようですが、今は無人・・・

2015-05-10 064 
玄関の引き戸を開けたら広い土間があり、部屋は田ノ字形に4室、南向きの開放された縁側と、その前に作業場としても使える広く平らな庭があり、多用途(主に農家)に使える標準型設計のお家です。

発祥は江戸時代後期、広まったのは明治に入ってからです。
当時は藁ぶき屋根でしたが、昭和初期のころからは瓦葺が主流となります。

2014-12-22 048 
ペンキで塗られた板材を水平に張り付けた、洋風な感じのする建物です。

2014-09-25 085 
空き家となったお家の庭、昔育てていたルリコウが種を落して広がり、夏草の中に瞬く紅い星を演出します。

2015-05-21 107 
手の込んだ造りの重厚な蔵です。
ご先祖様の集めたお宝が、ぎっしりと詰め込まれてるんでしょう・・・(*^。^*)ね。

2014-12-22 121 
二階の高さを抑えた土壁のお家です。
裏の軒下に、稲はぜに使う丸太や竹材、木製梯子が格納されています。
長い煙突は、灯油式お風呂用ボイラーの排煙口に取り付けられています。

2014-12-22 124 
広い敷地のお屋敷に建てられた、重厚な木製門です。
老巧化が進んでいますが、大きな柱で重い瓦屋根をしっかりと支えています。

年代を感じる軒丸瓦は三つ巴、四隅を飾る留蓋には宝珠が乗っています。

2014-12-22 081 
敷地に合わせて変形屋根と壁をもつお家です。

一部の窓はアルミサッシに替えられていますが、丁寧に塗られた土壁が目に穏やかなぬくもりを届けます。お風呂は薪焚き、煙突に書かれた名は「火口用 特製万年煙突」・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!