小古江 天日神社 2/2

2014-08-27 051 
天日神社の拝殿と幣殿には沢山の奉納品が掲げられています。

拝殿正面には富士山の大絵馬が揚げられ、幣殿奥には乃木大将の写真や神社改築の記念木札も揚げられています。

ちなみに、これら木札の文字をたどりますと・・・

昭和47年11月 本殿屋根塗装方奉仕 大原峯 久保俊雄


昭和56年10月吉日 拝殿張替方奉仕 大工 林渡

昭和56年10月吉日 本殿廊下張替方奉仕 峯ヶ迫 沖要一 峯ヶ迫 空胤雄 郷 神田富士美

昭和63年8月15日 寄贈御殿戸扉 沖森太郎

平成元年5月吉日 贈避雷針一基 沖森太郎

平成元年12月吉日 贈神前御道具一式 森内装

平成22年10月吉日 拝殿張替方奉仕 大工 林正和

・・・と、読めます。

2014-08-27 053 
拝殿正面に大きく描かれた富士の大絵馬です。
文字は読みにくいのですが、湖?に小島が浮いていますので河口湖の北岸から見た富士山でしょうか???

大絵馬にある富士山の遠望位置を訂正します。

小古江の天日神社にある、大絵馬のモデルになった風景は、静岡県沼津市内浦より登った発端丈山という山の登山道の展望台(付近)からのものです。
ブログの記事に河口湖からの写真かも、と書かれていたため・・・


沼津市在住の方からご教示をいただきました。
ありがとうございます・・・(*^。^*)です。

2014-08-27 054 
この絵馬は「算額」とよばれるものです。
奉納 小古江 久保八十七 が読み取れます。

以下、日経サイエンス「算額に見る江戸時代の幾何学」からのコピペ・・・m(__)mです。

 鎖国下にあった江戸時代,神社仏閣の軒下に美しく彩色を施して幾何の問題を記した絵馬「算額」を掲げる習慣があった。絵馬はもともと本物の馬のかわりに馬の絵を板に描いて神社に奉納したものだが,算額では馬ではなく数学の問題を記してある。算額が神社仏閣に奉納されたのは,困難な問題をやり遂げたことに対する神への感謝であったか,あるいは他の参拝者に「解けるものなら解いてごらん」と挑戦したものかもしれない。
 現存する最古の算額は栃木県の1683年のもので,確認されているだけで日本全国で880枚以上の算額が見つかっている。算額に記されているのはほとんどがユークリッド幾何学の問題だ。そのレベルについても,西欧の数学より何年も早く高度な定理を扱っていたものも少なくない・・・・・・つづく。

2014-08-27 058 
2010年記念ふる里航空撮影 奉納 神田行夫 平成23年9月吉日

2014-08-27 059 
画像は見えませんが・・・
奉納 昭和二十六年九月吉日 丸石キエ 山口ヤスノ 住本フイノ 本家沖タマノ?
ご長寿御祝いの奉納だったのかも?・・・(*^。^*)です。

2014-08-27 055 
うぅ~~~ん。
仙人像のような人影がうっすらと見えますが??? 

2014-08-27 065 
映画「ラストエンペラー」で見た紫禁城のようにも見えますが???

2014-08-27 056 
残念ながら裏地の板目しか見ることができません。
過去を残すことも大事ですが、時と共に朽ち果てるのは自然の大原則です。

多くの神社は、屋根はあるものの雨風を遮る壁は最小限、早く朽ちることを前提に造られているようにもみえます。

2014-08-27 072 
乃木希典陸軍大将です。
奉寄進 昭和六年度九月吉日 當村 空直太朗

2014-08-27 069 
軍艦のブリキ模型です。
日清、日露戦争の当時活躍した軍艦でしょうが、艦名は見えません。

2014-08-27 077 
乃木大将の奉納が昭和6年ですので、おそらく同じ時期に奉納されたものでしょう。
細部にこだわらなければ、主砲の砲身が二本、煙突が二本ありますので、「戦艦三笠」ってことで・・・。

おそらく、雑誌の付録絵図あたりをもとに作られたのでしょうが、「いい仕事されてますねぇ~」 ・・・(*^。^*)です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!