小古江 古地図

小古江古地図完成図 
この古地図は大柿地区歴史資料館展示の「国郡志御用付指上候村絵図之控」を元にして、適宜に加筆した絵図です。
この改正(悪?)絵図には1819年(文政2年)から1862年(文久2年)の頃までの地名、地形を合せて記入しました。

小古江古地図東半分 
小古江から大原に向けては海岸道路がありますが、柿浦、ヒトノセ、鹿川へと通づるのは山越えの道です。
現在の国道487号である、小古江と鹿川とを結ぶ海岸道路は痕跡さえありません。

一方、姫宮社(塩竈明神社)から峰ヶ迫川までの海岸には広い塩田があり、塩濵、シホヤノモト、砂走、シホムカヒの地名があります。

小古江古地図西半分 
余防川の下流域は今と変わらぬくらいにまで干拓が進み、上流は谷に沿って大道山の中腹まで開墾されています。

小古江(1962-05-20) 
国土地理院の1962年(昭和38年)5月20日の空撮画像です。

小古江19750114(昭50) 
国土地理院の1975年(昭和50年)1月14日の空撮画像です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!