中町 八幡神社 1/3

4)能美町・沖美町南部 八幡神社 
江田島市の地図を切り抜き、紐に吊るせば、その重心点に当たりそうな位置に能美八幡神社があります。

2014-04-03 002 026 
八幡神社の乗る小山は亀山とも呼ばれ、古くは江田島湾に突き出した半島の先端部で、水軍の防衛拠点の一つでもあったと云われます。

当社は江田島市内の神社仏閣では最も広い鎮守の杜を有し、巨木が鬱蒼と茂る林内には島内でも珍しいとされる樹木が茂ります。

2015-10-23 021 
参拝道入口に建つ標柱(しめばしら)には、宣揚文(せんようぶん)が深く刻まれています。

陸軍中将 田部正壮 書(のち広島市長)、建立は大正三年十月です。

2015-10-23 023 
光り輝く燈籠を左に、八幡神社と彫られた社額の下をくぐります。

2014-04-03 002 126 
八幡神社正面に続く石段の下には大きなクスノキが枝をひろげます。
永禄2年(1560)に、毛利元就が厳島神社を改修した時の大鳥居の柱は、当八幡神社の境内から切り出したと云われます。

能美八幡神社(昭和37年) 
昭和37年の国土地理院空撮画像です。

水の乏しい山の尾根以外は、すべて耕作地に開墾されていた時代ですが、鎮守の杜だけは辛うじて残っています。
能美中学校は空撮前年の昭和36年の9月1日落成、それまでの高田教場、中村教場、鹿川教場を統合しました。
(まだ真新しいので校舎の屋根もグラウンドも光輝いています・・・(*^。^*)です。)

中町八幡神社樹木 
戦中戦後の大騒動に耐えて残った八幡神社境内には、島内でも珍しい樹木があります。

以下、八幡神社境内の樹木を調べた記録がありましたのでそれを転記します。

ヒコビアミニレター  No. 338 (2008年2月4日)

2008年1月27日の第463回植物観察会は江田島市能美島中町の真道山(286.6 m)で行なわれた.
中町フェリー桟橋に9:40集合.参加者37名.最初に訪れたのは,桟橋の南方約800 mにある,中町八幡神社の社叢である.
直径50 cm内外のコジイ(ツブラジイ)林には,タイミンタチバナ,コバンモチ,ミミズバイ,ヤマビワなどの希少種のほかにクロキ,クロバイ,サカキ,ヤブツバキ,ヤブニッケイ,カナメモチ,カクレミノ,ネズミモチ,カゴノキ,シロダモ,ヒサカキ,マンリョウ,クスノキ,モッコク,シャシャンボなどの常緑広葉樹が見られた.

社叢に残された植物から,能美島の原植生がスダジイ-ミミズバイ群集に属する照葉樹林であったことを知ることが出来た.・・・(G. Toyohara 記)

以上「植物観察会(ヒコビア植物観察会)」のレポートのコピペ・・・m(__)mです。

2015-10-23 048 
石段を登り切りますと、広い境内の向こうに建つ八幡神社拝殿に正対します。

2014-04-03 002 128 
毎日掃除がされているようで、広い境内で春風に舞うのは盛りを過ぎた桜の花弁のみです。

2015-10-23 051 
境内が広いく、回りを囲む巨樹のせいもあって、拝殿が小さく見えます。

2014-04-03 002 173 
拝殿の右側です。
参拝者が込み合わないように、出口専用の階段が付きます。
また、重い屋根を乗せた拝殿を地震や風雪から守るために、ワイヤーがクロスして張られています。

2014-04-03 002 158 
拝殿正面に廻り、しめ縄の手前でまずは一礼しました・・・m(__)mです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!