中町 八幡神社 2/3

2014-09-03 022 
靴の泥を払い、拝殿へと上らせていただきました。
深~~~く、二拝し、二拍手と一拝 ・・・m(__)mです。

2014-09-03 023 
拝殿にはたくさんの奉納品がある隙間に、秋季例大祭(2014年9月)のポスターが張られていました。

八幡神社の祭神は応神天皇、神功皇后他7柱神で、「神社明細帳」によると、「神亀年中(724~729)神託により一宇建立 豊前国(大分県)宇佐神宮より別祀す」とある。
西能美島旧5ヶ村の氏神で、毎年9月の祭礼には数千人の参拝者があり、島最大の行事である。永禄2年(1560)毛利元就が厳島神社を改修した時、大鳥居の東の柱は中村の八幡神社の森から供出し、その代償として神輿2丁を拝領している。
(大願寺文書より)
厳島神社の大鳥居は、高さ16m、周囲9.9mもあるが、その用材として使用された樹木が神社の境内から供出されたことは、いかに大きな森であったかを示すものである。

以上、能美町誌(平成7年7月)からのコピペ・・・(^_^;)です。

ちなみに、この地域に伝わる祭のハイライトである、ダイバ・オタフク・シシの出しものは、無形文化財に値するとも云われる古い時代のものです。
ダイバとは猿田彦神の化身であり、おどろおどろしい天狗の面で薙刀を振り回し豪快な踊りを披露します。
オタフクも巫女の衣装で薙刀の舞を披露、シシには雄獅子、雌獅子がおり、ユーモラスに踊ります。
かれらは社殿において舞を奉納する他、八幡神社から浜宮(中町桟橋公園内の御旅所)への神輿巡幸の露払いもします。

これら八幡神社の出しものは、能美町(中町・鹿川・高田)、沖美町(東沖・西沖)の5地区の持ち回りにより毎年9月に盛大に奉納されています。
また、沖美町地区からは、大漁旗をなびかせた船を仕立てての加勢となり、にぎやかさも倍増します。

2014-09-03 045 
拝殿から見た、参道の方向です。
八幡神社は亀山の山上に建ちますが、周囲をすべて背の高い樹木に覆われていて視界は境内のみです。

2014-04-03 002 174 
右の階段から拝殿を下り、正面の方に廻りますと、左右の狛犬が、なんかなぁ~~~???です。

2014-09-03 047 
拝殿にに向かって左の狛犬は阿吽の吽で口を閉じています。

2014-09-03 046 
拝殿に向かって右の狛犬は阿吽の阿で、口を開いています。
でも、それだけじゃなくって、体型とか毛の様子とか、微妙な違いを感じます。

仔細はわかりませんが、どうやら建てられた年代が違うようです。

2015-10-23 033 
拝殿の奥には一分の隙間もなく積み上げられた台座の上に、銅葺き屋根の美しい曲線をもった、八幡神社本殿が建ちます。

2015-10-23 039 
一般的な神社では、拝殿と本殿とを屋根付きの幣殿(へいでん)で繋ぎますが、当八幡神社は幣殿と本殿との間隔が長く取られていて、幣殿と本殿との間に石畳が敷かれています。

2014-04-03 002 164 
画像は拝殿に続く幣殿の本殿に正対する出入り口?です。
本殿へはこの幣殿の出入り口から石畳に下りて向かうことになります。

出入り口は、唐破風屋根を銅板で葺いた豪華な造りです。

2015-10-23 057 
本殿よりも拝殿の方が立派なお宮が多い中、当八幡神社の本殿は、威厳に満ちた端正な造りで、その前に建つ幣殿、拝殿を圧倒します。

2015-10-23 067 
本殿の千木の上、澄みわたる大空から秋日が眩しく照らします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!