中町 森木神社(荒神堂)

2)江田島町南部 森木神社 
森木神社(荒神堂)は大後地区の南、宇根山山系の頂から江田島湾へと下る稜線の先端近くに建ちます。

2014-08-01 133 
北東に下る尾根の小道に沿って、ご先祖様の墓標が数百メートル続きますが、その下端近くをクロガネモチの大木が大枝を張って塞ぎます。

2014-08-01 134 
クロガネモチは、大柿町大原の阿弥陀堂にある推定樹齢500年の巨木が広島県天然記念物に指定されていますが、その樹にも負けず劣らずの威容を示しています。

2014-08-01 141 
そのクロガネモチの枝下に森木神社の名を掲げた木製の鳥居が建ちます。

2014-08-01 140 
先ほどまでジィ~ジィ~とやかましく鳴いていたセミの声がピタリと止まります。

鳴き声がしなくなるとかえって気になります。
えっ、どこどこ?。

なぁ~~~んと、森本神社と記された社額に・・・(*^。^*)です。

2014-08-01 142 
青葉を広げた枝下を流れる微風に、額の汗が止まります。

2014-08-01 143 
お堂の柱にラミネート加工されたA4の紙が止めてあります。

そのまんまをコピペさせていただきました・・・m(__)mです。

ふるさとの民話 江田島・能美島
   森木の「神さん木」


森木(地名=小高い丘の上にある)にゃあクロガネモチの大けな木が二本あった。
一本は枯れて、今ぁ一本だけになっとるがノ、根元の周りが六~七メートルはあるかのう。
この木は春になると花をいっぱい咲かせるんで、その蜜を吸いに蜜蜂がマア来るは来るは、群ごうてやって来るんじゃ。
その時には、蜜蜂の羽の音が森木じゅうに広がってのう、ちょうど飛行機が通る時のような音がするんよ。
ほいじゃが、今までにただの一遍も実を付けたこたぁ無あ。
あれだけ花が咲くのに実が無ぁいうのは不思議なことでぇ。
この木の下に祠があるんじゃが、ナシテ(なぜ)あるかいうたらノ、こういういわれがあるんじゃそうな。
昔から夏になるとノ、この島は水が少のうなって、どこでも困りよったんよ。
この森木は高ぁ所にあるんで、特別に困りよった。
毎日丘の下へ水ぅ汲みに行くなぁアマナ業(ちょっとやそっとの苦労)じゃあなかったんよ。
ほいで、この丘に井戸を掘ろういう話が出たんじゃが、「高ぁ丘の上に掘っても、水が出るんかのう?」言うて、みんな二の足を踏んだのよ。
じゃが、「ここに井戸がありゃあ、みんなが楽になるでぇ」いうんで、あのクロガネモチの木の傍に掘ることにしたんじゃ。
そうして掘ってみたら、なんときれいな水が出て来たんよ。
ほいで、よう見るとノ、その水はクロガネモチの根を伝わって土の中から湧いて来よったんじゃげな。
「こりゃあ、この木に神さんが宿っとってんじゃ。そして、わしらに水を恵んでくれたんじゃ。有難いこっちゃ」言うて、みんな喜んだ。
それで、この木の下に祠を建てて、水神さんを祀ったんよ。
(話者 木戸代作)

2014-08-01 147 
この枝下を何人が通りすぎて往ったのでしょう。

2014-12-10 098 
何人が梢を見上げ、ため息をもらしたでしょう。

2015-11-09 071 
一年ぶりに訪れてみました。
晩秋の日差しを受け梢の先は輝いていましたが、こころなしか下枝の葉っぱが減ってきたような・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!