中町 お地蔵さま

中町 お地蔵様 
地蔵信仰は奈良時代に伝来し、14、15世紀には、民衆の間にも浸透してきたとされます。
天上界から地獄界まで六道を巡る地蔵菩薩は、恐ろしい閻魔大王の化身だとされる半面、恵まれた環境に無く徳を積むことのできない一般庶民を、地獄の鬼から守る慈悲深い仏でもあります。
江戸時代に入り、地域を守る道祖神や、庶民の病や労苦を引き取る身代わり仏となり、より民衆に密着した信仰対象となりました。

2015-04-23 094 
[A]
「六地蔵」は、麓地区から高下地区に向かう旧道の上にあります。

2015-04-23 095 
周りを木立で囲まれ、薄暗くなった堂内ですが、お揃いの赤い装束をまとったお地蔵さまが六体ならびます。
合唱・・・です。

2015-04-23 097 
お堂の脇に広がる田んぼは数年耕す人もない様子で、背丈ほどの雑草がさんさんと注ぐ陽を受け、風にさやさやと揺れていました。

2015-11-16 038 
[B]
麓川が支流と交わる位置に「お地蔵さま」が一体あります。
右の道を上れば、六地蔵、さらに高下地区へと続く旧道です。

2015-11-16 037 
まさに川の合流点、豪雨が襲えばお地蔵様の足元まで水が寄せそうな場所です。

2015-11-11 020 
[C]
見浪地区、国道487号線の脇に建つ「お地蔵さま」です。
お堂脇の石柱には、「平成二十三年六月吉日 漁多助・クニコにより改装」と、彫られています。

2015-09-23 224 
[D]
麓川中流の川沿いに建つ「地蔵菩薩」です。

2012-09-22 002 017 
堂内には般若心経の書かれた白板に、「地蔵菩薩供養 小山益伴」の文字が見えます。

2015-11-09 039 
[E]
二宮神社に向かう参道の脇にとても立派なお堂が建ちます。

2015-11-09 042 
堂内には大きなお地蔵さまが一体おかれ、台座に「寶性地蔵」と彫り込まれています。

2014-08-01 025 
[F]
中町(旧中村)の中心街から海岸へと伸びる旧道脇に「開運地蔵」があります。
傍に立つ石柱には「開運地蔵 寛政五年好日 土井家(萬兵衛)奉斎」とあります。

2014-08-01 026 
いつも、綺麗なお花で飾ってあります。
深~く ・・・ 「合掌」 ・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!