中町 川(高下・麓・大後・迫田・胡) ・ 井戸

2)江田島町南部 中町河川名 
中町地区は西の宇根山山系と東の真道山山系に囲まれたすり鉢状地形の中にあり、島内ではもっとも雨水集水量に恵まれた土地です。

高下地区を流れ下る川を高下川(こうげ)と呼びますが、高下から下流の高田地区に流れ込むあたりからは二谷川(にたに)と別名で呼ばれます。

麓川(ふもと)は支流の見浪川(みなみ)と合流し、さらに下って大後川(おおご)とも合流して江田島湾へと注ぎます。

迫田川(さこた)の下流は農地の灌漑用水路となって枝分かれし、砂漠に注ぐワジのように地図上から消えています。

胡川(えべす)は最下流部の10mが、なぜか?水の元川(みずのもと)と別名で呼ばれています。

2015-11-16 086 
麓川の上流部です。
昭和後期のころまでは、さらに上流へ1kmくらいまで水路が整備されており、その両脇には棚田が延々と続いていましたが、今は草木に覆われてしまい立ち入ることもできなくなりました。

2015-04-23 076 
近年になり下水道も整備され、川の水質は格段に向上しましたが、農業用水としての利用はほとんどなくなり、たださらさらと流れ下るのみ・・・(^_^;)です。

2015-09-23 042 
よその地区にも似た状況はありますが、特に中町地区においては、川の流れに沿って生活道路兼農道が並走し、さらに家並みがそれに沿って上流へと、三位一体の平行線なって続く特徴があります。

2012-09-22 002 091 
人家と道路とが川の両岸を挟み、堤防を兼ね備えます。

2012-09-22 002 092 
多くの人家の土台がそのまま川の堤防となっています。

2015-06-02 008 
家と川と道路は常にセットで存在します。

2015-11-16 089 
左から家並み、道路、川、田んぼ・・・(*^。^*)です。

2015-09-23 030 
大後川中流部、家並み、道路、川、田んぼ・・・(*^。^*)です。

2015-12-05 058 
迫田川の中流部です。

2015-11-11 061 
右が麓川、左が大後川です。

2015-09-23 230 (2) 
他の地区に比べ共同井戸は少ないのですが、川から離れた高台には井戸が掘られており、お屋敷内にはそれぞれに自前の井戸があります。

中町保育園のセンダンの大木の元、花崗岩の巨石を枡に組んだ井戸が残ります。

2015-07-23 088 (2) 
水に恵まれているとはいえ、川から離れた高台には簡単に水を引くことはできません。
屋根に降った雨水を溜める専用?の大かめです。
なぜか?雨水の注ぎ口と思える部分に、菊の花が活けてあります・・・(*^。^*)です。

100509 077 
川のすぐ近くにある、もとは田んぼだったろうと思える空地です。
田んぼの真ん中に、わざわざに井戸を掘る必要は無いように思えますが、渇水期の用水は皆の取り合いとなり、当地の小さな川ではたちまちに干上がってしまうことでしょう。
そうなった場合に備えての、自家用の灌漑井戸?だろうと・・・(^_^;)思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!