中町 御建 坪崎山

グーグル地図坪崎 
胡川河口に登山口のある、真道山千本桜林道を登り、途中のわき道を200mばかり進んだ位置に、7、80cmの石柱が一本建ちます。
(画像はグーグル地図2016です。)

2015-12-13 039 
今にも草木に埋もれようとする花崗岩石柱には「従是北中村御建坪崎山・従是南飛渡瀬村御留落走山」と(難読文字が多く推定ですが)彫られています。

つまりは、これより北は中村の御建山で坪崎山、これより南は飛渡瀬村の御留山で落走山である。と、記した境界標石です。

ちなみに、享保10年(1725年)とされる記録によれば
御建山として
高田(岩風呂山) 中村(坪崎山・大後寺迫山) 鹿川(新蔵山・阿じろ山)
御建藪として
高田(升田上山藪) 中村(高下山神山)
御留山として
中村(飛渡瀬堺落走山) 鹿川(大矢藤浦山)
と、あります。
(能美町誌より)

御建山とは江戸時代、幕藩領主の管理下にあった保護林、または占有林の汎称で、入山や伐採を禁じ幕藩用に供するための良質木材を育成しました。
御建藪とは主には水害防護、あるいは弓矢材料の資源保護を目的として入山、伐採を禁じました。
御留山も御建山に準じますが、水源涵養や砂防などの治山の目的で設定した場合もあったり、近隣住民の紛争調停を目的に、入り会い権を設定するなどの住民保護を目的とした用例もあったようです。

中村古地図(南半分)  
能美町誌にある、芸藩通史 (1825年)の写し「中村」の絵図の南側半分を現代訳しました。
(原画の読み取れない文字は適宜に訳しましたので、正確を期す場合は能美町誌をご覧ください。)

これを見ますと、飛渡瀬村との境に、建坪崎山がありその坪崎山に接して、落走山入合(入会)とあります。
この落走山を入会としたことには土地所有を巡って中村と飛渡瀬の間で争いが生じたことを推察させます。

むか~し、むかし、婚姻は親が決めるものであって、それより他の男女の恋愛沙汰は許されない時代があったそうです。

飛渡瀬村で育った大工見習いの若者が、中村の御屋敷普請に出入りする内、その家のお嬢様と恋仲となりました。

大工見習いと、お屋敷のお嬢様では釣り合うはずもなく、悲観にくれた二人は手を取り合って入水、亡骸は別れ別れに両村にもどされ荼毘に付されました。

ところが、あろうことか、遠く山を隔てて立ち昇った二筋の荼毘の煙が真道山の真上で交わり、大渦となって天空に消え去ったと云います。

この昔話、もしや落走山が入り会いになったことと繋がるのでは?・・・(*^_^*)です。

松ヶ鼻1975・02・13(昭50) 
国土地理院 1975・02・13(昭50) 

坪崎山は、ほぼ全山がミカン山に見えます。
トトウガ鼻には国民宿舎「能美海上ロッジ」が見えます。

松ヶ鼻1981・09・17(昭56) 
国土地理院1981・09・17(昭56) 

沢山あったミカン山が減ってきたような・・・
松ヶ鼻にかんぽの宿「安芸能美」が見えます。

松ヶ鼻2008・06・13(平20) 
国土地理院 2008・06・13(平20)

長瀬海水浴場が整備され、「シーサイド温泉のうみ」ができています。

111222b 010 (2) 
坪崎山のミカン畑は少なくなりましたが、国道沿いのふもとに観光みかん園「川西農園みかん畑」が健在です。

もぎ取りみかん食べ放題、入園料(大人500円・小人400円)の、みかん農園入口・・・(*^。^*)です。

こうした、家族で一日を楽しめる観光みかん園、かっては市内に数十ヶ所もあったのですが、現在江田島市商工観光課に登録されているのは以下の3農園のみとなりました。

【川西農園みかん畑/電話0823-45-5341】
所在地
江田島市能美町中町4618
料金
大人500円(中学生以上)/子供400円※40名以上団体割引有
アクセス
中町港から徒歩15分・三高港から車で15分

【平木観光農園/電話0823-43-0315】
所在地
江田島市江田島町切串
料金
大人600円(中学生以上)/子供500円※20名以上団体割引有
アクセス
切串港から約2キロ,小用港から約4キロ
※切串港,小用港からは送迎バスがあります(要予約)

【久保農園/電話0823-43-0246】
所在地
江田島市江田島町切串1-8-15
料金
大人500円(中学生以上)/子供400円※15名以上団体割引有
アクセス
切串港(吹越桟橋)から300メートル(徒歩3~4分)
切串港(西沖桟橋)から800メートル(徒歩10分)

2015-12-13 044 
落走山と思われるあたりから見た東の方角です。
江田島湾の最奥である内海と対岸は江田島町鷲部、はるか遠くに霞むピークは呉市の灰ヶ峰です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!