中町 中町港

2015-08-26 149 (2) 
上の航路図は能美町誌に記載されたものをコピペ・・・(^_^;)です。

年代の記載がありませんが、海田市駅~呉駅間の鉄道路記載がないので、呉線開業の明治36年(1903)以前から、山陽線広島駅~徳山駅が開通した明治30年(1897)以後の間(明治30年~36年)と思われます。

明治30~36年頃の航路図 
町誌記載の航路図(明治30年~36年頃)をグーグル地図に転記しました。

当時、上記主要航路以外にも番船と呼ばれる貨客帆船が多く利用されていて、中村の隣町である高田港を午後2時に出港すれば、翌早朝に江波港へ、潮が良ければさらに進んで本川橋の堤に着くことができたと云います。

その後、明治38年(1905)になり、沖村の岡田岩吉氏が鋼鉄製62トンの蒸気船「海勝丸」を、同40年、蒸気船「浅見丸」を運行し、大原―深江―鹿川―沖―是長―美能―三高―高田―中村―江田島矢浦―津久茂―差須浜―大須―似島―宇品―廿日市―厳島を1日一往復させたのが、能美地域の近代定期航路の始まりであるとされます。

s-DSCN2070 (2) 
画像は「能美町営船 50年の歩み」表紙に掲載の第7千代丸(S23.10~S35)です。

船名:第7千代丸
進水:昭和9年8月
屯数:132.3屯
馬力:150馬力
定員:378人
種類:木造旅客船
船価:日本近海汽船(神戸市)より200万円で購入。

昭和23年10月23日、高田村三ヶ村交通事業組合を設立する。
出資金額、高田村120万円、中村120万円、鹿川村80万円、三高村80万円とする。

昭和24年1月4日から中村~宇品間の定期運航を開始(1日2往復)運賃は35円の設定としたが、競合が激しく、のち23円に値下げする。

111222b 016 
中町港ターミナルです。

戦後、能美町営、のちに江田島市営となって多く通勤通学通院者、買い物や旅行客を宇品港へと運ぶ大動脈として重要な役割をはたしていましたが、近年の人口減少や交通の多様化、さらに人件費や燃料、新造船建造費の高騰などの悪条件が重なり、官営での航路維持が難しい状況となりました。

今でも多くの通勤通学客でにぎわいますが、ひところの活気はなく、官営事業としての採算ラインを大きく下回り、江田島市政の足かせとなってしまいました。

多くの打開策が出され検討が続けられてきましたが、最終案として平成27年10月1日から、「中町・高田~宇品」航路の運航事業者を江田島市企業局から民間事業者である瀬戸内シーラインに譲り渡すことで航路存続をはかることとなりました。

111222b 020 
2011年12月まだ江田島市営だったころの「スーパー千鳥」手前と「ニュー千鳥」です。

2016-01-04 047 
江田島湾を疾走する「ニュー千鳥」です。

船型:大型双胴高速艇、総トン数:79トン、速力:26.0ノット、全長:24.52m、幅:6.80m 旅客定員:220人、就航年月は1993年12月21日と云います。

2015-05-11 056 
宇品港内をいく「ニュー千鳥」です。

瀬戸内シーラインは、「ニュー千鳥」、「スーパー千鳥」、「ロイヤル千鳥」の3隻で、中町港から高田港経由宇品間、行程15.9kmを30分で結びます。

111222b 030 
中町港待合所に展示されている、江田島近海の海洋生物です。

画像は2011年12月のものですが、当時の水槽には、ヨウジウオ・ハオコゼ・マヒトデ・マナマコ・ホンヤドカリ・アラムシロガイ・アミメハギ・アサヒアナハゼ・ニホンクモヒトデ・ムラサキウニ・ケアシホンヤドカリ・フレリトゲアメフラシ・ドロメ・バフンウニ・コシマガリモエビ・スジエビモドキ・ユビナガホンヤドカリ・イトマキヒトデが入れられていたようです。

1昨年、江田島市沖美町の海岸で、新種となるエタジマホンヤドカリが発見されましたので、今なら水槽内に展示されているかも???・・・(*^。^*)です。
管理は、さとうみ科学館(江田島市教育委員会学校教育課)でなされています。

111222b 027 
待合所の片隅には能美町特産品である季節の花々も展示販売されています。

111222b 045 
近年最新の繋船桟橋が整備された中町漁港です。
ただ、地図記載では中町、清能、高田港などを合わせて、中田港と呼ばれます。

2012-09-22 002 097 
対岸のレンガ色の建物は江田島市庁舎です。

2012-09-22 002 094 
すべりでは漁船の船底掃除が行われていました。

市内では珍しい船型の船です。
船名「進栄丸」、おそらくは、イカ籠漁?、タコ壺漁?、あるいはアナゴの延縄漁をする漁船だと思いますが???・・・(^_^;)です。

2015-12-28 030 
グラスファイバーで補強された木造の小型釣り船です。
戦前の漁船は、みな砂浜に乗り上げ、松の幹につなぎ留められていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!