中町 農道 2/2

2014-04-03 002 099  
迫田地区の春はとてもカラフル、色とりどりに咲き乱れます・・・(*^。^*)です。

2014-04-03 002 057 (1024x766)
竹の支柱にツルを伸ばし、白い花を付け始めたエンドウ畑(実エンドウ?)です。

ちなみに当地のエンドウは明治14、5年のころ、鹿川村の一本松丈助氏が種子を持ち帰り、近隣の農家に栽培を奨励したのが始まりであると云われます。
明治38年の作付面積は鹿川村で5町3反、中村で2町1反、高田村で1町が栽培されており、呉、広島はもとより神戸、大阪方面へも出荷し、珍しさもあって高値で取引されていました。
(能美町誌より・・・(^_^;)です。)

2014-04-03 002 059 (1024x768) 
整然と耕された田畑を見るのは、桜の花を見るのと同じくらいに気持ちが良いものです。

2014-04-03 002 067 (1024x768) 
ミカン作りを止めてしまった段々畑を、桜の山にしちゃいました・・・(*^。^*)です。

2014-11-06 048 
収穫した大豆をハゼ(はで・はせ)に掛け、晩秋の秋風を通して自然乾燥・・・(*^。^*)です。

2015-06-02 042 
ビニールの覆いを外され、鉄パイプの骨組みだけとなったハウスがあちこちに目立ちます。

今は原油1バレルが30ドル前後と極端に安くなったようですが、原油1バレルが100ドルの時代には、ハウスの暖房用に使う灯油の代金が急騰し、ハウス栽培の農作物は作れば作るほど赤字が膨らみました。


2014-08-01 050 
ハウス栽培を廃業しビーニールハウスを撤去した畑の隅に、ぽつんと電気配電盤だけが残っています。
タイマーや温度センサーなどが取り付けてあって暖房用ボイラーの発停や、菊などの夜間電照を自動制御する作りのようです。

2015-11-16 062 
宇根山から流れ下る大後川の水を利用して作られた稲が、田んぼの真ん中に立てられたハゼで自然乾燥されています。
2015年11月16日、脱穀を間近に控え、乾燥具合の最終確認に訪れたおじさんの笑顔がとっても素敵・・・(*^。^*)でした。

2012-09-22 002 087 
米は作らないけど、雑草ばかりが大きく伸びるのは忍びなく・・・
もとは田んぼだった空地の真ん中で、数日前に刈り取った雑草がたき火にくべられていました。

2012-12-13 002 027 
高下地区の入り口で毎年見る盛大な大根干しの光景です。
乾燥の早い土地柄か、大根は大きな縦切り短冊にして干されています。

2015-04-23 113 
高下地区を見下ろす高台に芽吹いたばかり、新緑がまぶしい柿林(柿畑)です。

2015-11-16 076 
どの地区も、多くの農家がみな高齢者だけとなり、家の前の小さな畑を耕して自給用の作物だけが細々と作られています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!