中町 いいとこ撮り(風景) 4/6

2014-04-03 002 089 
2014-04-03
菜の花は見るだけじゃなく食べることもできます・・・(*^。^*)です。

市販商品名、三重なばな・伏見寒咲花菜・博多菜・とうな・かき菜・小松菜・アスパラ菜など食用花菜として選抜、あるいは品種改良されたものが各地にあるようです。

2014-04-03 002 101 
2014-04-03
無理に食べなくても、見るだけでも・・・(*^。^*)です。

2014-04-03 002 112 
2014-04-03
畑の石垣に沿ってハナモモが一列に植えられています。

花卉園芸樹として生産出荷するためなのか?、農家のおじさんの趣味で植えたものなのか?不明ですが、真っ赤なお花の下での農作業は、 ♪ ♪ ♪  東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキワクワク  ♪ ♪ ♪ ・・・(^_^;)です。

2014-04-03 002 114 
2014-04-03
ハナモモ畑には、オレンジ色のキンセンカ、ラッキョ、ワケギ、ニンニク、ソラマメ、シュンギク右手前の畝にはジャガイモ?・・・自家用栽培としては十分な量・・・(*^。^*)です。

2014-04-03 002 118 (1024x767) 
2014-04-03
隙間なく栽培されていただろうみかん畑に、一本だけ残った夏みかん(甘夏みかん?)です。

夏みかんの類は強健で生育旺盛、乾燥にも強いので昭和の中期ごろには島内でもたくさんの夏みかんや甘夏みかん、八朔が栽培されていました。

残念なことに、近年の甘い果物を好む味覚変化におされて需要は激減、作っても売れない柑橘の代表種となってしまいました。

ちなみに、夏ミカンは他のミカン類と同様に晩秋には黄色く色付きますが、その時点では酸味が強すぎて食べられません。
冬まで待って収穫し、貯蔵して酸を抜くか、あるいは春先から初夏まで木成りで完熟させる事で酸が抜けて食べられるようになります。
初夏(4月~6月)の時期に食べられるミカンと言う事で夏ミカンと呼ばれるようになりました。
原産は日本で、江戸時代に山口県の青海島で西本於長氏が海岸に流れ着いた柑橘の種を育てたのが最初と言われています。

2014-11-06 045 
2014-11-06
畑から抜き取った大豆をハゼ(ハデ)に架けて自然乾燥させています。

普通に知る大豆は酒のおつまみとして出される、緑の鞘に入った枝豆ですが、そのままで畑に置き完熟させますと、節分の豆撒きに使う炒り大豆や、加工品の豆腐や納豆、豆乳や味噌などの原料になります。
かっては大豆も当地の主要な産品でしたが、大型コンバインで刈り取り強制乾燥させた激安な海外産の大豆に駆逐され、このようなのんびりした光景を見ることは、稀なこととなってしまいました。

2015-03-20 029 
2015-03-20
かって能見簡易保養センターのあった松ヶ鼻の高台から見た、トトウガ鼻の海に浮かぶ国民宿舎能見海上ロッジです。

2015-04-23 085 
2015-04-23
家族では食べきれなかった大根から真っ白い花が咲きました。

2015-06-02 035 
2015-06-02
旧道の法面にタチアオイの花が賑やかに咲き乱れます。

子供の頃、花びらを鼻の頭にくっつけ、わしは天狗様じゃぞぉ~~~って、女の子を追っかけまわした記憶が・・・(^_^;)です。

2015-06-02 042 
2015-06-02
重油の高騰でしばらく採算割れに追い込まれたハウス栽培ですが、近年の原油値下がりでまた、息をふき返そうとしています。

零細なお百姓さんにとって、急激な物価や為替の変動は致命的です。

「春の海 ひねもすのたり のたりかな」
そんな世の中の方が、良いなぁ~~~。

♪ 私 待つわ いつまでも 待つわ ♪

と、満開のマツバギクさんがおっしゃっています・・・ (^^♪ です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!