鹿川 荒神社

4)能美町・沖美町南部 荒神社 
鹿川荒神社は、荒神と呼ばれる地区にあり、後の新開干拓地ができる前は、永田川の河口だったと思える地に建ちます。

2016-05-26 089 
鹿川荒神社の由緒を記録したものはありませんが、荒神社と呼ばれるようになったのは、おそらく明治に入ってからだろうと思います。

ただ、それ以前にも小さな祠あるいはお堂が置かれており、村人の信仰を得ていたことは想像するに難くありません。

鹿川は古くは鹿皮と表され西能美に属していましたが、1652年(承応元年)より東能美に転属、1664年(寛文4年)には、地名も鹿皮から鹿川の表記に変わりました。

そのため、江戸時代の東能美は七村、大原村、大君村、柿浦村、飛渡瀬村、鹿川村、小古江村、深江村となり、村の氏神を大原の「新宮八幡宮」とし、祭礼には何艘もの船を仕立てて参加、祭りを賑やかしたと云います。

明治となり鹿川村は再び西能美に編入され、氏神も中村の「八幡神社」に変わることになりました。

ちなみに、江戸時代の西能美九村とは、中村、高田村、津久茂村、三吉村、高祖村、是長村、畑村、岡村、大王村です。

2015-06-23 110 
真新しい鳥居が建ち、荒神社と深く掘られた社額が取り付けてあります。

2015-06-23 113 
廻りを何軒もの家々で囲まれた中に建ちます。

2015-06-23 114 
左右のかわいらしい狛犬は陶製・・・(*^_^*)です。

2016-05-26 093 
カメラのシャッターを押すのに夢中になり、少し遅くなりましたが、二拝二拍手一拝・・・m(__)mです。

2016-05-26 091 
狛犬が載せられている石は、元々は社の台座として積んであったものなのかも?・・・

さらに一礼して境内を離れました・・・m(__)mです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!