鹿川 大矢鼻・三菱油槽所

4)能美町・沖美町南部 大矢鼻 
鹿川地区の西側には江田島市最高峰である宇根山(542m)を頂点とする尾根が半島となって南へ伸び、その最先端部が大矢鼻と呼ばれます。

A.jpg 
大矢鼻の先端部分に行くのは容易ではありませんが、大潮の干潮時なら隣町、岡大王の側から歩いていくこともできます。

その先端に続く海岸には、画像のような白黒模様が珍しいダルメシアン石(角閃石含有の花崗岩アプライト)の露頭があり、さらに進むと永年の浸食に耐えた花崗斑岩の岩脈が風波に磨かれ、芸術作品となって残る様を手に触れて観察することができます。

B.jpg 
潮の引いた海岸を岩脈となって縦断する、ダルメシアン石(ダルメシアンジャスパーとも)の露頭です。
詳しくは江田島市能美町の石「花崗閃緑班岩(ダルメシアンジャスパー)」をご参照ください。


2012-12-07 002 012 
大矢鼻に続く半島の東側には沢山の円筒形タンクが並びます。

海軍鹿川貯油所 
この半島には、戦前海軍艦艇への燃料補給を目的とする、油槽所施設(1930年設置)がありました。
上は米軍航空機が撮影した昭和22年3月の大矢鼻付近の空撮画像です。

丸く見える一つ一つが燃料備蓄タンクです。
当時のタンク容量を記載した資料がありませんが、目測で直径24m高さを24mと仮定すれば内容量は約1万tとなります。

ちなみに、戦艦大和の燃料搭載量は6,300tで、全速に近い速力26.6kt(出力8/10)で1時間航走すると44.76tを消費するそうです。

単純計算だと燃料満タン、速力26.6ktで141時間、6,934kmを行くことができます。
東京、ハワイ間が6,550kmですので、この速力だと片道分の燃料にしかなりません。

ただし、巡行速力の16ktで航走すれば東京からロサンゼルスの間を余裕で往復できます。

一般に大和最後の作戦行動となった沖縄参戦には片道分の燃料で出撃したと云われますが、実際には徳山燃料廠の努力により簿外の燃料を捻出するなどして十分に往復できる4,000tの燃料を搭載していたそうです。
とはいえ、戦闘艦が燃料60パーセント量で出撃するなどは前代未聞のことです。

前大戦においては燃料不足による敗因が大きく知らされておりますが、他にも良質な潤滑油やオクタン価の高い航空燃料を作る技術がなかったことなども大きく影響したようです。

2015-05-13 049 
旧海軍油槽所の一部を払い受け1953年に設立された、三菱 鹿川ターミナル株式会社の正門付近です。
敷地内には総容量約76万キロリットルの原重油タンクを有しており、西日本の電力各社のほか、一般産業界に向け原重油の受け入れや貯蔵・払い出しの業務を行っています。


2015-05-13 046 
海軍油槽所のころよりも敷地面積では半減しましたが、タンク製造技術の進歩により貯油量は数倍にアップしております。

2012-12-07 002 024 
原油陸揚げ作業中のタンカーです。
「OMEGA LADY MIRIAM」2003年に韓国STX造船所で建造、総トン数41.787t、船籍はマーシャル諸島です。

2015-05-13 047 
原油の払い出しを受けている富士海運所属のタンカー「翠龍」999t、全長78・35m、幅12mで船籍は山陽小野田、乗組員は10人です。
1航海当たり2000kLの重油や原油を、当鹿川石油基地から九州電力や四国電力などの火力発電所に輸送します。

2012年6月20日、熊本県八代市の熊本ドックで進水しました。
(以上、宇部日報よりコピペ・・・m(__)mです。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!