鹿川 旧鹿川街道・元鹿川産業組合会館・国道487号 1/2

鹿川国道・旧道・産業館 
鹿川地区を南北に縦断して国道487号線が走り、県道36号線は鹿川を起点に西の才越峠から沖美町へと繋ぎます。

国道487号線の元となる道は古来より中町と大原を繋ぐ幹線道路ですが、鹿川の南部海岸には切り立った崖が多く、近代になり大型土木機械が登場するまでは海岸線を大きく離れた山越えのルートでした。

そもそも人や牛馬が進むには半間(約1m)の道路幅が必要で、島内の多くの道はこの半間幅が基準となっていました。
往来が激しくなれば一間(約2m)の幅、大八車が交差するような大路は二間(約4m)の道幅があれば、それで十分である時代が長く続きました。

ところが世に自動車なるものが普及するにいたり、島内の道路も大正末期の頃から昭和初期にかけ、各村落間を乗合いバスが運行できる程度の道幅(二間、約4m)に、かつ傾斜を緩くして整備され初めました。

その後大きく改良されることはありませんでしたが、昭和48年(1973年)の早瀬大橋開通前後になり、やっとさらなる整備改良が進むこととなりました。
しかし、ルートの選定や土地面積が限られる島内にあっては用地買収が容易でないなどの理由で延々とし、今日になりやっと主要な道路が安全に走行できる状態にまで達することが叶いました。

2016-05-26 080 
二間幅で造られた旧鹿川街道です。
後に造られたバイパス(のち国道487号線)に平行して約4kmの区間が今も往時の面影を残して残っています。

4km近い区間が改良改幅工事もされず、そのままに残っているのは他所にはない珍しいことだと思います。

往時は切れ目なく並んでいたであろう商家も、残念なことに一軒、また一軒と少なくなりつつはありますが、まだまだ大きなエネルギーを秘めています。

オレンジ色のヤマザキパンの看板が見えますのは大川食料品店さん、向はお好み焼きのまえもとさん・・・(*^。^*)です。

2016-05-26 081 
緑のテントに船食・日用品・雑貨・食料品と書かれているのは川原商店さんです。

ちなみに船食とは船が航海中に必要とする食糧品や日用品をまとめ、出港前に届ける便利屋さん的事業をいいます。
タンカーとか大型船なら10tトラックで届けることもあります。

その向こうは船乗りさんが大好きな、芦原リカーショップさん、「瓶ビールな、軽トラに満載して急いで届けて~や。船のほうで冷やすから大至急やでぇ~」・・・(*^。^*)です。

2016-03-25 071 
土塀の上からニワウメのピンクの花がこぼれ出ています。

向いは川原理容院さんです。

2016-03-25 065 
大きくSUZUKIと書かれた看板は向田自転車商会さんです。
ミヤタ自転車の看板もあります。

2016-03-25 060 
小鹿川に架かる橋、まえはまはしです。

2016-05-26 086 
花き栽培の盛んな鹿川地区、道路脇には立派なガラス温室もあります。

2015-03-20 196 
能美運送株式会社さんです。
軽四輪車から大型車迄輸送の御用命は当社迄とあります。

2015-03-20 198 
店名は不明ですが大きな間口のお店です。
元は洋品店???かな・・・(*^。^*)です。

2015-03-20 201 (2) 
カーブミラーに写し出された鹿川旧街道です。
魔法のカガミならきっと通りを行き来する沢山の人々が見えるのに・・・。

2015-03-20 204 
もう、お店はたたまれたようですが、ショーウインドーには陶器で作られた干支の置物や、招き猫なんかも・・・。

んっ、・・・履物屋さん?だったのかも???。

2014-10-26 113 
Panasonicの鎌田電気店さんとお酒タバコの長平良商店さんです。

2015-11-10 136 
ここにもお家があったんでしょうね。

秋桜(コスモス)
うす紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜りに揺れている ♪ ・・・です。

2015-05-13 078 
魚屋さん?、仕出屋さん?もしかしたら、素敵なガラス窓の二階で宴席なども?・・・(*^。^*)です。

ゆっくり歩けば1時間、ひと昔、ふた昔、もっと昔の情景があれや、これや、想いだされます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!