鹿川 いいとこ撮り 4/4

2015-06-23 087 
屋根の頂部に小屋根を乗せた建物は、その後サッシ窓を取り付けて改造されてはいますが、もとは葉タバコの火力乾燥施設です。
能美町誌によりますと葉タバコの栽培が始まったのは大正時代後期からで昭和40年代まで換金作物として盛んに栽培されたそうです。

農産物の生産種や量はその時々の時代背景により大きく変動します。
古来よりの米、麦、粟(あわ)はもちろんのこと、楮(こうぞ)、サツマイモ、エンドウ豆、梨、柑橘類(紀州ミカン・夏橙・温州ミカン・ネーブル・八朔)、除虫菊、茶、漬物用大根、養蚕、綿、砂糖キビ、和牛、乳牛、綿羊(ひつじ)、鶏、花き類、等々沢山の農産物が一時の輝きは見るものの、地域に根付いて数年長くても数十年でその価値を失い、消えていってしまいます。

現在江田島市では農業振興対策の一つとしてオリーブの栽培を奨励していますが、はたしていつまで?・・・(*^_^*)です。

ちなみに、鹿川古文書等の記録に江戸時代中期から後期の農産物として、
1、主食
米、麦、大豆、粟(あわ)、黍(きび)
2、野菜
あらいも(さといも)、牛蒡(ごぼう)、ちさ、ふき、ほうれん草、わけぎ、根深(ねぎ)、なすび、木瓜、うり、冬瓜、西瓜、南瓜(ぼうふら)、どうま(春菊)、めうが(みょうが)、らつけう(らっきょう)
3、商品作物とうとして
豌豆(えんどう)、小麦、ごま、稗(ひえ)、玉蜀黍(とうきび)、大根、空豆、猿豆(鞘えんどう?)、甘藷(さつまいも)、楮(こうぞ)、煙草、綿、茶、菜種、甘蔗(さとうきび)、西条柿、蜜柑、梨、などの栽培があったと云います。

2015-05-13 054 
私の好きな建物・・・(*^。^*)です。
通路に面して、下の階(半地下?)で牛などの動物を飼育し、二階が子供部屋、あるいは爺さんの隠居部屋?・・・。

木製の手すりにもたれ、団扇など使いながら中秋の月を眺めて見たいもの・・・(*^。^*)です。

2015-03-31 157 
川を挟んで向こう岸に、新聞の配達屋さん?です。
左から、スポーツニッポン、デイリースポーツ、日本経済新聞、産経新聞、毎日新聞、中国新聞、えっ、これだけ沢山取引先があるのに、読売新聞がありません。

きっと、ジャイアンツが嫌いなんだ・・・(*^。^*)です。

101026b 123 
無線用のアンテナが蜘蛛の巣のように張られた、アマチュア無線局です。

ここまで派手だとアマチュアとかじゃなく、もとは外国航路を往く大型客船の通信士とかをされてたんじゃ?・・・(*^。^*)って。

大型船の通信士といえばかっては花形職業、船長室に次ぐくらいの立派な部屋に真空管が何十本も赤く輝き、大型のヘッドホンから、トツー・トトツーツーって音が漏れ聞こえていました。

ちなみに、電磁波(電波)の存在はマックスウエルの電気と磁気に関する方程式により1873年に予測されていましたが、その電磁波を利用し実用的な無線電信へと大きく進化させたのはマルコーニで、1898年イギリスにおいて無線電信会社を創設、1899年にドーバー海峡横断の無線通信に成功します。
同年12月エレットラ号に船舶無線電信装置を初めて搭載、1901年大西洋横断無線にも成功しました。
かのタイタニックが遭難信号を発したのが1912年4月14日、この事故を教訓にして海難事故に関する国際間の条約が見直され、各無線局は緊急遭難信号を聴取する義務を負うこととなり、これにあわせて1915年(大正4年)日本においても無線電信法が制定されました。

当時の外洋客船無線室は6畳から8畳くらいの部屋を占拠して数台の送受信無線機を並べ、通信士数人を必要としました。
その大きな無線室が今は胸のポケットに入り、音声も画像も位置情報も瞬時に送受信できるおどろきの時代となりました。

2016-03-25 054 
私好みの玄関照明灯・・・(*^。^*)です。
中町の旧郵便局局舎にも付いてましたっけ。

玄関引き戸の上に取り付けられた、超繊細な欄間窓もすてきです。

2015-03-20 197 
運送会社さんの玄関脇に、「広島県トラック 厚生年金基金 加入事業所」とあります。
これだけしっかりと表示されていれば、台帳の記載漏れとか、納付漏れとか、後になって色々と世間を騒がすこともなかったろうに・・・(*^。^*)です。

2015-03-20 302 
細い路地の先に、花崗岩の分厚い切石で升に組まれた井戸がありました。

この地に人々が住み始めた当初から使われ、大切にされてきたのでしょうが、いましばらく必要とされる日は訪れない様子です。

2015-10-08 072 
路地脇にミカン箱くらいの木箱が投げ出されていました。

日本語文字の「登録商標」は右から左へと書かれ、英語は左から右に「EVRY HOUSU」、さらには、ひらがなで上から下へ「おてがる」って書かれています。

右から、左から、上からと、あまりおてがるな書き方じゃないと思うのですが・・・
ハウス食品の12皿分入りカレーの缶詰が12缶入っていた木箱です。

別の部分には浦上靖介商店謹製大阪の文字も見えます。
昭和35年に「株式会社ハウスカレー浦上商店」から「ハウス食品工業株式会社」に社名を変更したとありますので、この木箱はおそらく昭和35年以前のものでしょう・・・(*^。^*)ね。

2015-10-08 060 
鹿川旧街道の脇に見上げる高さに育ったサボテンがあります。
巨大ソテツあり、大サボテンありと南国情緒を身近に感じる街、鹿川・・・(*^。^*)です。

2015-06-23 040
農道の脇に、なんじゃこりゃあ~~~ ・・・(◎_◎;)です。

広島花博「グリーンフェスタひろしま'97」で使われたマスコット人形だろうと思うのですが???
「花卉の町」鹿川からも沢山の花々が出品され、博覧会会場を華やかに飾っただろうと・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!