高田 井戸・ため池

高田グーグル地図D 
高田地区の背後には宇根山山系から北へと伸びる堆積岩の尾根がそびえます。
また標高200m付近からは傾斜が緩くなる地形ですので、他地区の土壌に比べれば保水力もあって、地下水にも恵まれた環境にありました。

とはいっても、戦中から戦後の農地造成に伴う農業用水の確保や急激な人口増加による生活用水を宇根山山系からの自然水だけで賄うのは大変な苦労であり、高田地区を流れる川の整備状況を見ればいかに水資源が大切であったかを一目で知ることができます。

s-2015-06-13 103 
高田地区で唯一?、今も現役で使用されている井戸です。

電動ポンプが据え付けられており、蛇口をひねればいつでも水が出るようになっています。

s-2014-10-16 103 
民家の庭先に、井戸の周りを煉瓦で囲んだモダンな井戸があります。

雨よけの屋根に鋳物製の滑車が取り付けてありますが、ここしばらく使われた形跡はありません。

s-DSCN8457.jpg 
お庭の中ほどに円形の井戸があり、傍にはコンクリート作りの流し台が残ります。

もとは、水屋となる建物で囲われており、近所の方々にも開放された共同井戸だったのでは?と想像します。

隣家の敷地から伸び出た枝先には、黄色く色付いた夏ミカンが・・・(*^。^*)です。

s-DSCN7678.jpg 
高台にある宗崎集落のさらに上に作られた農業配水用のため池です。

眼下は津久茂瀬戸、対岸は津久茂山(御鉢山263m)です。

s-2016-03-31 066 
中地区の田んぼに配水するために造られた灌漑用のため池です。

深い池の廻りを自然石で垂直に積みあげて造られており、先人の巧みな技が感じられます。

s-2016-03-31 055 
同じく中地区にある小さな池(井戸?)です。

まもなく春も本番となり、池の回りに植えられた黄スイセンやムスカリの花々が咲き乱れ、水面にはソメイヨシノの花吹雪が舞うことになるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!