高田 手押しポンプ

水道基幹管路(H18) 
画像は「江田島市の水道」江田島市企業局水道事業(平成18年ごろ?)からのコピペ・・・m(__)mです。
  
昭和40年6月26日、太田川から天応を経由しさらに海底送水管(1,840m)を通過した用水が江田島町小用の前早世浄水場へと注ぎ込まれ盛大な通水式が執り行われました。

前早世で浄水された水は、時を置かず江田島町から、大柿町、能美町、沖美町へと送られ、それにより島内の水事情は一変、電気、ガス、水道がそろった本土並みの文化生活へと移行しました。

もちろんそれまでも、各地区、あるいは各水系ごとに簡易浄水道設備はあったのですが、各家庭にお風呂を置き、水をだしっぱなしで洗濯機を回すだけの水量は望むすべもありませんでした。

s-2014-10-16 040 
高田地区を散策中偶然にも、現役で使用中の手押しポンプを見ました。

今までにも手押しポンプを見ることはありましたが、使用できる状態の手押しポンプはほぼ皆無、しかも、オールドファッションのこの優美な姿に一目ぼれ・・・(*^。^*)です。

検索しますと、東邦工業社製のTB式自在口共柄ポンプ「ガチャポン35」と呼ばれるもののようです。

s-2014-09-03 070 
手押しポンプは本来なら能美町鹿川地区の項で説明すべきでしたが、うっかり・・・(^_^;)でした。

上に見るポンプは、ひし形内に大臣と書かれたマークをもつ、ケーボー号「津田式」ポンプで、明治21年(1881)7月11日に鹿川村で誕生した津田喜次郎氏(旧姓 前)により、改良された手押しポンプです。

大正9年(1920)10月の広島発明品展覧会に出品された津田氏の改良手押しポンプは、時の藤沢商工大臣に大称賛され、「津田式ポンプ大臣号」と名付けて生産販売を開始しました。
高い性能が認められ全国的にも広く普及しましたが、生活用水の多くを井戸水に頼る当地においては特に女性や子供らの水汲み労働の軽減に多大なる寄与がありました。

ちなみに「津田式ポンプ製作所」は昭和45年(1970年)に倒産、その後特許・販売権を興陽産業製作所に譲渡、商表名を「KOYO」として継続製造されましたが、平成22年(2010年)2月に工場を閉鎖、これによって「津田式ケーボー号」の生産は終了しました。

s-100628 075 
上記ケーボ号とよく似たポンプですが、CONDITION JAPAN ???そしてダルマさんのマークがあって、ひし形内にHB のマーク?が、・・・です。

s-090709 014 
まったくタイプの違う手押しポンプですが、鋳物作りの柄の部分に津田式ポンプとあり、本体にはひし形内に大臣のマークと大きく津田式と文字が浮き出ています。

s-2015-03-20 111 
鹿川将軍神社に併設する郷土資料館に展示の、シリンダーが連結式となった手押し消防ポンプです。
文字は読みにくいのですが二連式ケーボー号??? 津田式と書かれているようです。

(ちなみに名にある「ケーボー号」の意味や由来は不明・・・m(__)mです。)

s-DSCN9057.jpg 
昭和45年に倒産となった「津田式ポンプ製作所」から特許・販売権を引き継いだ「興陽産業製作所」が製造した「KOYO」コーヨーポンプです。
下部にMADE IN JAPAN の刻印が打たれています。

s-DSCN8747.jpg 
釣瓶桶から手押しポンプへ、さらには電動井戸ポンプへと・・・。

津田式ポンプが大活躍したのはほんの一瞬間でしたが、そんな 時代も あったねと ♪ ♪ ♪ ・・・(*^。^*)です。

夢の海底トンネル 
蛇足となりますが・・・

画像と下記文章は、平成27年3月発行の情報誌「海陽彩都」よりのコピペ・・・m(__)mです。

太田川の水を江田島へ、「 夢 の 海 底 ト ン ネ ル 」

島で急傾斜地の多い江能地区(当時の江田島町、能美町、沖美町、大柿町)では、永年、水不足に苦しんできた。
元々水源が乏しいうえに、わずかな湧き水も明治21年の旧海軍兵学校の設立以来、軍用水道として使われてきた。
家庭では個人の井戸や共同井戸、井戸のない家はもらい水をしたり、風呂をわかしたら近所に伝えて風呂に入るのをすすめたそうじゃ。
夏場や渇水期には飲料水も足りないこともたびたびで、雨水に頼ることもあった。
伝染病の恐れや水汲み労働の開放など、上水道の創設は島民の命にかかわる切実な願いじゃった。

昭和36年、広島県で呉市の工業地帯まで送る工業用水道が計画された。
これに江能4町で便乗して水道敷設に取り組むことになった。
つまり「太田川から海底トンネルで水を運ぶ」という壮大な計画。
島民の誰もが目を丸くしたじゃろう。
取水口は広島市東区の牛田の水門。
山沿いに水道を敷設して、呉市天応町と旧江田島町高須間の海底水道管を敷設した。
深いところでは水深38m、距離は1840m。
水道管は海中で接続して海底に沈めた。
海底にはヘドロが堆積しているので、鉄筋を打ち込みそれにくくりつけて動かないようにした。
この大工事が約3年で完了したことには本当に驚く。
前早世に通水記念碑が立っとる。

そして昭和40年6月から家庭に給水された。
本管から家庭につなぐ支線の施設費として各家庭で自己負担金約8,000円が必要だった。
月々の貯金を呼び掛けたが、「貯金をしてまで・・・」「井戸があるから」など進展しない。
困り果てた当時の土木課長がひらめいたのが、主婦の力を借りようという案じゃった。
台所をあずかり水の不自由に泣いている主婦なら、水道の必要性を十分に理解してくれるだろう、と。
婦人会に相談したところ、江能上水道事業に賛成し、貯金の世話を引き受けてくれた。
婦人会が各家庭を回って集金したそうじゃ。

誤字脱字などありましたら・・・ m(__)m です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!