高田 日本棋院名誉九段 瀬越憲作

高田グーグル地図D 瀬越憲作像 
高田港とは国道487号線を挟んで反対となる国道沿いの西側に、元日本棋院理事長 「名誉九段 瀬越憲作」の銅座像があります。

s-DSCN0844.jpg 
銅座像は北面を向き、対局盤面に石を打たんとするその一瞬を写しており、正午の頃には南中した陽光が像の頭上からキラリひらめきとなって此方を射します。
「瀬越憲作先生像」は尾道市御調町出身の圓鍔勝三氏の作で、昭和五拾七年中秋の刻印があります。

台座背面に埋められた分厚い銅板には
日本棋院名誉九段 正四位 勲二等、瀬越憲作先生は、明治二十二年此地に生まれ、ニ十歳にして上京、専門棋士となり、爾末昭和四十七年逝去されるまで、戦前戦後を通じその高潔な人格、卓越した見識をもって、囲碁界の組織、囲碁の研究普及、棋士の育成等、囲碁の向上発展のために心血を注ぎその赫々たる功績は、まさに斯界を照らす不滅の大光明である。
先生逝いて十一年先生の郷党、門下生、知友相はかって、その限りない敬慕感謝の思いを新たにすると共に、世の人々が永くこの偉大なる先達を偲ぶよすがとなればと念じ、茲にこの顕彰の像を建立する。
昭和五十八年春 瀬越憲作銅像建設委員会
撰文 灘尾弘吉
と、あります。

s-瀬越健作囲碁図書 
画像はアマゾンよりのコピペ・・・m(__)mです。

生涯に100冊以上の書籍を著され、「瀬越囲碁教本」「瀬越囲碁講座」をはじめ、江戸時代の御城碁の棋譜を収めた大著「御城碁譜」全10巻、「明治碁譜」の編纂など、囲碁の技術書から囲碁史書まで幅広くかつ地道に研究されました。

s-DSCN0846.jpg 
銅座像の裏面です。
瀬越九段の羽織った紋付の背には、雪輪に抱き沢瀉(ユキワニダキオモダカ)の家紋が見えます。

s-2015-06-17 150 
銅像から北に100mばかり離れた、旧高田街道沿いに瀬越憲作氏が羽織った紋付の背にある「雪輪に抱き沢瀉」の家紋を付けた、清楚な門柱が残ります。

今は無人の廃家となっていますが、瀬越憲作九段の生家です。

s-DSCN0861.jpg 
人の気配は感じませんが、時々は庭の草取りや落ち葉の清掃に訪れる方がおられる様子です。
母屋とは直角に納屋を配した造りで、当地でもよく見る農家風の建物です。

s-DSCN0863.jpg 
納屋は碁会所にリホームされており、近隣あるいは遠路より集う囲碁仲間の憩いの場となっていた様子です。
瀬越九段も疎開あるいは帰郷のおりには、囲碁自慢を集め、その指導やお相手をされていたやも?です。

ちなみに、瀬越九段の生年は、銅座像の顕彰文にもあるとおり、1889年(明治22年)で、没年は1972年(昭和47年)です。

1909年 方円社(本因坊と対峙する囲碁の団体)に入門。
1924年 本因坊派と和解合併、新団体「日本棋院」の創立に尽力。
1945年 東京大空襲により日本棋院会館が焼失し、第3期本因坊戦は広島市郊外の吉見園(現佐伯区五日市町)で行われました。
しかるに8月6日、橋本宇太郎本因坊と挑戦者岩本薫七段の対局中に原爆が炸裂、爆心地から10km離れた此地にあっても閃光と強烈な爆風に見舞われました。
対局場となった部屋の窓ガラスなどは粉々に飛ばされたものの試合は続行、立会人であった瀬越九段も無事ではあったのですが、爆心直下で当初予定の対局会場であった日本棋院広島支部長の別邸は一瞬で消え、藤井支部長始め多くの人命が奪われました。
その中には瀬越九段の三男や甥も含まれております。
1946年 日本棋院理事長就任。
1955年 名誉九段。
1958年 紫綬褒章受章。
1960年 日中囲碁交流第1回訪中団団長。
1966年 勲二等瑞宝章を受章。
1972年 体の衰えを苦とし自ら命を絶つ。
1983年 功績を讃えて銅像(圓鍔勝三作)が作られ、故郷の能美島に贈られました。
2009年 囲碁殿堂入り。

s-DSCN0867.jpg 
生家は背後にある小丘の崖下にあり、瀬越九段が幼少のころには、旧高田街道をまたげばすぐその先に波のざわめきが聞こえる長閑な環境でした。

いつの頃植えられたものかは分りませんが、モミの木が大きく育ち、その梢は屋根をはるかに超えています。

s-2016-03-31 028 (2) 
小丘の上に墓石などあればと登ってみましたが、そこには畑となっており、取り残したダイコンや白菜、小松菜が白や黄色、薄紫色の花を揺らせます。

春霞の江田島湾に並べた牡蠣筏を碁盤に見立て、瀬越9段が対局する相手はだれでしょう。
見えないものを無理に見ることもありません。
霞みはすこ~し濃くなってきたみたい・・・(*^。^*)です。

s-2015-06-17 149 
生家の脇、旧高田街道に面して大小の石碑が建ちます。

大きな石碑の裏面に、・・・天保十年・・七十五・徳三郎?・・・
小さな石碑に・・・明治・・・新・徳三郎六十六・・・三高道?・・・
残念ながら判読できませんでした・・・m(__)mです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!