高田 いいとこ撮り(民家) 2/6

s-2015-06-17 056 
高田旧街道から少し坂道を登った場所に他とは少し造りの違ったお家があります。

海からは少し離れるのですが、昔は網元さん???・・・かも???です。

s-2015-06-17 057 
農家造りだと壁を横に張った板塀とすることはまれですし、二階建物の載せ方も少し奇異な感じがあります。
漁具や網などの格納用であれば少し納得なのですが???

s-2015-06-17 061 
でも、此方から見れば農家風に見えなくもないし?・・・。
とても気を引く造りで、アイデアいっぱいの宝箱のようなお家です。

s-2015-06-17 120 
傾斜地に作られた農家造りでよく見る建築レイアウトです。

もっとも道路に近い部分に半地下式の「落としばんや」と呼ばれる石囲いの部屋が作られています。
落としばんやは、上の階で飼育した馬や牛などの糞便や敷き藁を落とし入れ、落ち葉や農作物の残滓と混ぜ合わせて、たい肥を作るのが主目的でした。

のち、昭和30年代となり耕耘機など農業機械の普及により馬や牛が飼われなくなると化学肥料や農機具置き場となり、その上にあった家畜小屋は改装され納屋あるいは離れの部屋となりました。

母屋へ通じる坂道を上った位置に、庭とは兼用の農作業スペースがあり、最も奥に母屋が建ちます。
納屋や家畜小屋あるいは離れ部屋は母屋とは直角(曲がり屋風)に建てられ、作業スペースでもある庭に強風が当たらないよう囲みます。

市内で傾斜地に建つ農家の多くは、ほぼこれと同じレイアウトで建てられています。
とくに平地が少なく傾斜地に家々が密集する、江田島町津久茂地区で多く見られる建築様式です。

s-2014-04-30 002 133 
今は町屋風建て替えられていますが、元は農業もされてた?の、かも?・・・です。

s-2012-12-13 002 039 
このお家も曲がり家の半地下式です。

s-2014-04-30 002 016 
平地に建てられた農家には半地下室は作られません。

s-2014-09-11 068 
このお家には一見半地下室はなさそうですが、よく見ると・・・(*^。^*)です。

s-2012-12-13 002 045 
昭和初期(20年代?)のころの標準的お家の造りです。
今は住人がいなくなり、空き地となった庭の部分が一面の大根畑に・・・(*^。^*)です。

s-2015-06-17 118 
当分は風呂焚き用の薪に不自由することはなさそうなお宅です。

s-2014-09-11 072 
構造材が頑丈で丁寧に建てられたお家なのでしょう。
農家仕様として建てられた、かなり古そうなお家ですが、今も物置として立派に使われています。

s-2016-03-31 065 
戦後の建物(昭和30年代)で、初めから納屋として建てられたものです。
壁は煉瓦にも使われた高田名産の赤土で塗り固めてあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!