高田 古地図・地質図

高田古地図PNG 
能美町誌に掲載された高田村の古地図(芸藩通史)を元にして書き写したものです。
地名など明瞭でない部分は適宜勝手な主観により創造して記載しています。

改悪となっている部分もありますので、正確には能美町誌、または芸藩通史でお確かめください・・・m(__)mです。

高田古地図南東PNG 
高田村の南東部です。

堀越城跡:それらしい地形が残り、近くにはお墓や耕作地がありますが、樹木が鬱蒼と茂り見晴らしはまったくききません。

小屋城跡:それらしい地形が残りますが、畑地となっておりまた周囲は竹藪や樹木で囲まれます。
南の真道山方向は視界があり、北の竹藪に堀?のような窪みもあります。

八瀬島:戦国のころ小屋城・北堀城の城主として八瀬島氏の名が残ります。

建外田藪:広島藩指定の矢竹の生育保存地です。

北堀城跡:登山道は不明です。

大将軍:位置不明。大将軍とは、本来は方位のことを司る星神(金星)で、陰陽道で祀る八将神の一とされます。

七天達磨:位置不明。意味不明なれど「七転達磨」とすれば、七転び八起の達磨となりますが???。

小城跡:山頂にクスノキの大木が見えますが、登山道は不明です。

光泉寺跡:江戸時代に書かれた「能美島志」宝暦13年(1763)に、光泉寺は高田邑にあり、今延命地蔵像あり、これを堂に安んず、傍に樹あり、其葉茶の如し、然れども其の名を識る者なし、土人これを無名木(ななしぎ)という。と伝わります。

光源寺:僧善了により天正13年乙酉(1585)に開かれ、僧受玄により寛文元年(1661)浄土真宗に帰依しました。

社倉:位置不明。明和7年(1770)広島藩は「社倉法示教書」を公布、広く領内に社倉設立を奨励、天明6年(1786)には町方及び郡中各村あますところなく社倉が造られ、以後明治初年まで存続したと云います。

高田古地図北西PNG 
高田村の北西部です。

えぼし岩:位置不明。烏帽子(えぼし)とは平安時代から近代にかけて和装での礼服着装の際に成人男性が被った帽子のことです。

シノ宮:位置不明。四之宮とは、その地域の中で4番目に社格が高いとされる神社のこと。

建岩風呂山:確証無之候得共。故人の伝ふる處昔玄海翁(1350年頃)と云ふ高僧が高田の里に来たり。岩風呂山に登り頂上の大岩を一撃すると大岩は三つに割れ一つは越後国の高田の里に、一つは伊予国の高田の里に遠く飛散し。此地に残りし大岩に四朗九郎と名付け、この岩を御神体とす。

アメノミ子:位置不明。天の皇子、アマテルの御子、皇太子のオシホミミといわれます。

ウシ口城門:位置不明。丑ノ口城門、十二支の丑の方向(北東微北)にある城門です。

明神ノ鼻迫門:位置不明。迫とは、山あいの小さな谷、あるいはせり出した崖のような地形を云います。

s-江田島大断層PNG 
沖美町是長から高田地区北部を横断し、江田島町津久茂まで、市内で唯一の断層が確認されています。

高田湯田地区の昔話に温泉が湧いていたと云いますのも、あるいは、この「江田島大断層?」が関係していたかも?・・・(^_^;)です。

ちなみに、この断層に並行して「是長鉱山」「三吉鉱山」「畑鉱山」「津久茂鉱山」があり、湯田の温泉、入鹿神社には湯に関係する大きな湯釜もありました。

これら鉱山からの金や銅の産出はごく僅かな量であり、採掘期間も数年ですが、江田島市内でこの断層付近以外に鉱山はありません。

そもそも、金(Au)は酸性の熱水に溶けやすく地上付近で熱水が冷めることにより析出します。
堆積岩である玖珂層群内の微量な金が花崗岩の熱で暖められ、金を含んだ熱水となって断層の割れ目に沿い、上昇して地表付近に集まったと思われます。

つまりは、金のあるところには熱水と熱水が上昇する通路(断層)がある。
江田島にも温泉が自噴する可能性がある?・・・と。

風が吹けば桶屋がもうかる・・・発想・・・(*^。^*)です。

地質図は「国立研究開発法人 産業技術総合研究所 / 地質調査総合センター」よりコピペ・・・m(__)mです。

19480407(S23)a.jpg 
昭和23年4月7日に撮影された高田地区の航空写真(国土地理院)です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!