岡大王 黄幡社 2/2

s-2015-03-13 172 
靴底の泥を払い、拝殿へと上らせていただきました。
長年の風雪に絶えた頑丈な社殿ですが、万が一に備えて斜めに補強材が入れられています。

s-2015-03-13 163 
拝殿奥、幣殿とを仕切る格子戸の上に「奉寄進 黄番社 明治二十四年九月吉日 願主 當村 長岡喜一郎 敬白」の社額があげられています。

この社額の他、黄幡(番)社再建の由来を示すものがないことから、現在の社殿は明治24年9月に再建されたものと伝わります。

ちなみに社額の左右にも寄進奉納品を止めた鉄釘が見えます。
長い年月を経る間に失われてしまったものも数多くあったことでしょう。

s-2016-09-15 164 
大屋根を支える頑丈な木組み(和小屋組み)がもろ見え・・・(*^。^*)です。

画像左から右上に棟木(むなぎ)と並行に伸びる粗削りの大木が桁(けた)と呼ばれる構造材です。
その棟木や桁に直交する湾曲した木材を梁(はり)とよび、これらの木組みを総称して小屋梁(こやばり)ともいいます。

神殿建造物は庇(ひさし)を長く突き出して造ることが多く、その庇の重量を内部にとり込むためにも桁や梁を大きくして、大屋根に乗る瓦の重量でもって長い庇を支える垂木(たるき)が下がらないように抑え込みます。

多くの社殿では棟木、あるいは桁に大工棟梁の名前や建築年月日、棟上げの儀式で使用した木槌や鉋、墨壺、鋸などを取り付け、奉納品とします。

黄幡社にも当然取り付けてあったと思われますが、今は行方知れずとなっております。

s-2015-03-13 166 
古い奉納絵馬があげられています。
奉寄進 大正十四?九月吉日 願主 青山千一 と読めますが?

s-2015-03-13 165 
刺繍?画でしょうか?
五本爪の龍(青龍?)と虎(白虎?)が競う絵馬が奉納されています。

s-2015-03-13 167 
奉納 平成16年3月吉日 広島市 藤本正 とあります。

s-2015-03-13 168 (2) 
画像が見難いのですが、一本爪(シングルアーム)の鉄製錨が奉納されています。
見た目で1m近い大きさがあります。
明治初期?百石くらいの帆船に積まれた錨?かも???・・・(*^。^*)です。

s-2015-03-13 170 
拝殿からみた岡地区と右は岡大王に隣接する畑地区となります。
海の向こうは岩国方面です。

s-2015-03-13 159 
拝殿を降りると、左に社殿を覆い尽くさんとそびえたつ大楠があり、脇に説明板が架けられています。

以下は説明板の要約・・・m(__)mです。
黄 幡 社 の 大 楠
目通し周囲 6.70m
樹高 25m
江田島市随一の巨木です。
主幹に空洞がありますが、大磐石のような根をどっしりおろし、1本の木で鎮守の森を形成しています。
まさに岡地区もシンボルといってもよいでしょう。
ちなみに、明治24年の再建にあたり、この大楠の枝から柱などの材料をとったとされ、そのことで現在の樹形が成ったと云われます。

s-2015-03-13 160 
たしかに大きな楠木ですし、社殿再建時に枝を切られたような窪みもみえます。

s-2016-09-15 166 
クスノキ(樟、楠)は、クスノキ科ニッケイ属の常緑高木で、幹周囲10m以上の巨樹になる個体も珍しくなく、木肌は綿密で、耐湿・耐久性に優れています。

そのため海上に建つ宮島(厳島神社)の大鳥居には古来よりクスノキが使用されています。
大鳥居は、平安時代から造られ始め、現在までに8回造り替えられているそうですが、永禄4年(1561)の厳島神社大鳥居の改築にあたりましては、当地、能美島より東西2本の眞柱(主柱)が搬出されています。

その西の眞柱は能美佐馬允氏社(大柿町大原新宮八幡宮?)から、東の眞柱は能美中村八幡宮(能美町中町八幡神社)から出されたものです。

ちなみに現在の大鳥居は、明治8年(1875)に再建されたものです。
高さ約16.6m
棟(大棟・笠木)の長さ24.2m
主柱周り9.9m
総重量は約60t
社殿から海に向かって右側(東側)の柱が福岡県久留米市、左側(西側)の柱が佐賀県佐賀市から取り寄せたものです。

クスノキの生育には、台湾、中国、ベトナムといった暖地が適しますが、広島県沿岸部では珍しい木ではなく、市の木、町の木として、広島市、福山市、三原市、安芸郡府中町、海田町で指定されています。

s-DSCN0726.jpg 
大楠の枝下に溶け込むように建つ、岡の鎮守の黄幡社・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!