岡大王 正光川・大森川・流田川・大石川

岡大王防災マップ川 
上記画像は江田島市作成の「ハザードマップ 沖美町畑・岡大王」をコピペしました・・・m(__)mです。

岡大王地区を流れる主な川には南から正光川、大森川、上流部で大森川と合流する流田川、そして大石川があり、さらには、畑地区から流れ下る大坪川が岡大王との境界となって畑漁港に注ぎます。

s-2016-02-05 049 
農道から見た大王地区集落です。

江田島市最高峰である宇根山の南西斜面は極めて急峻で、さらには深くノコギリの歯状となった谷筋が無数に並びます。
そのため、尾根付近に降った雨は保水される間もなく、わずか数十分のうちに海岸まで流れ下り海へと放たれます。

広島県西部では北東から南西方向の古い断層が無数にあり、さらにこれに直交する断層もあって、複雑な断層谷が形成されています。
江田島市においてもその断層帯の延長となる地形で、大きくは南北方向に3分割、東西方向に3分割された数個のブロックとなって海上に浮きます。

南北方向の断層谷が川となって残るのが江田島町切串の長谷川、沖美町三吉の木ノ下川、能美町鹿川の永田川、大柿町大原の八幡川で、市内では南北の断層帯が著明に残り、それに直交する断層谷や河川は短く急峻です。

s-DSCN0696.jpg 
沖美町の農道でよく見る、農業用水専用の導水管空気弁の蓋です。

沖美町の沖地区(岡大王・畑・是長)は江田島市内にあっても特別に急峻な地形で、耕作地の確保はもとより、短く、しかも滝のような急こう配で流れ下る川から生活用水や農業用水を確保できるかどうかは、村落の命運をも左右する重大事でした。

それまで井戸水や、集落ごとに谷川の水を集めた簡易水道で辛うじてまかなっていた生活用水は、昭和40年6月、広島太田川より海底導水管を通し江田島町小用の前早世浄水場ろ過沈殿池が満水となることでやっと本土並みの生活が見えてきました。

前早世で浄水された太田川の水は江能上水道組合(のち江能水道企業団さらに江田島市企業局水道事業)の手により能美町鹿川との境にある才越峠の第三配水池に揚水され、そこから岡大王・畑・是長へと送られます。

これにより生活用水に不自由することはなくなりましたが、水道水ではお米やミカン、キュウリを育てることはできません。

おりしも、不自由な水環境にもめげずにミカンやキュウリ、イチゴやキクやスイトピーなどの栽培に熱心な沖美地区が県営畑地帯総合整備事業に取り上げられることとなりました。
天水にたより、例年の水不足に悩まされていた当地に農業用水の安定供給は夢のまた夢でしたが、その沖美町内には三吉地区に旧海軍が建設した三高ダムがあります。

この三高ダムは大東亜戦争による江田島海軍兵学校生徒や職員の大激増に伴い、その生活用水を確保すべく、1943年から1944年の僅かな期間で造られたもので、戦後のどさくさに紛れてダムの設計図も残っておらず老朽化が懸念されていました。

この二つの県営事業の組み合わせにより、三高ダムの補強拡張事業と、沖美地区の農業振興事業とが相乗し、ついに平成14年11月、ダムの有効貯水容量を今までの21万8000m3から55万4000m3に倍増した、新三高ダムが完成、沖美地区全域への農業用導水管が敷設されることとなりました。

s-DSCN0701.jpg 
農業用導水管は、正光川の源流に近い大王地区の農地、推定標高150mにあるミカン畑までをも潤します・・・(*^。^*)です。

s-DSCN3913.jpg 
大森川河口部です。
あと数メートルで海へと注ぐのですが、それでもスベリ台以上の傾斜があります。

夏場はウオータースライダーとして開放されています。ってウソ・・・(^_^;)です。

s-2015-03-13 141 
大森川(流田川)中流部です。
三段峡・・・(^_^;)です。

s-2015-03-13 142 
先の撮影場所から下流部を写したものです。
海岸から400mで標高が40m、家々の屋根越しに海が丸見え・・・(^_^;)です。

s-DSCN0724.jpg 
右が大森川、左が流田川、二つの川の合流部です。
大雨時には怒涛の流れがぶつかる合流部は、整流効果???を出すために船首のように鋭角となって・・・???。

s-2016-09-15 027 
大森川の最上流部です。
川の源流部付近から、その川の河口部が見通せる急流川はそう多くは無いと思いますが?・・・。

s-2016-09-15 030 
大森川源流部近くに残る、貯水槽の石垣と、その水槽を覆うトタン屋根です。

太田川からの水が通ずるまでは、この地域での最重要施設であった簡易水道の貯水槽が今もそのままに残してあります。

s-DSCN3921.jpg 
大石川の河口部付近です。
大切な川の堤防は家々の土台よりも丁寧に、僅かな隙間もなく石積みがなされています。

s-2016-02-05 238 
大石川中流部です。
長年の浸食で細い流れでも深く深く刻まれます。

「雨垂れ岩を穿つ」・・・(*^。^*)かな?

s-2015-03-13 046 
沖美町の下水道マンホールの蓋です。

上水道の普及により、各家庭ごとにお風呂を沸かし、全自動洗濯機は油汚れを数分で真っ白い生地に漂白し、お米のとぎ汁もみそ汁の残りカスもじゃぶじゃぶ水で濯いで脇を流れる川へと流し込んでいました。

上水道が普及したことにより最大の被害を被ったのが、なんと、いままで最大限大切にされていたすぐ家の脇を流れる川だったのです。

雄大な自然の壮大なサイクルであっても、なにげもないほんの僅かな歪みで、と~んでもないことに・・・(^_^;)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!