岡大王 農道・沖離島農道

県道・往還道・農道AA  
旧沖村(是長・畑・岡大王)地区を縦断する道路として、江戸時代に道幅90cmで開通したとされる往還道、大正から昭和にかけ整備が進んだ県道36号線、平成に入って大きく改良された護岸兼用道路であるバイパス沖海岸線、集落の最上部を縦断して昭和後期に広島県離島振興計画により開通した沖離島農道があります。

s-2013-11-21 002 001 
沖離島農道は離島振興計画により昭和後期につくられたもので、当初は軽トラの離合にも不便な道幅でしたが、近年になり農業用水管の埋設と合わせ、道幅も大きく改良されました。

広島県離島振興地域指定a 
上図は「広島県離島振興計画(平成25~34年度)」からのコピペ・・・m(__)mです。

江田島市の一部(津久茂・高田・沖美・深江)は早瀬大橋架橋後もしばらく離島指定がなされていましたが、現在は解除され、あらたに「江能倉橋島地域半島振興計画」が始動することになります。

s-DSCN7830.jpg 
普通車の離合も十分に可能な道幅に整備し直された沖離島農道です。

s-DSCN7837_20170524105524cf8.jpg 
集落の最上部を縦断しますので見通しも良く、岩国や大竹市の阿多田島、宮島まで一望できます。

眼下の大屋根は専念寺の本堂、その先、防波堤の内側が畑漁港です。

s-2016-02-05 062 
農道は広くなり、対向車に気遣いする必要は無くなりましたが、急傾斜地につくられた農地は2、3mの幅もない段々畑の連続です。

当然、トラクターなどの重機が使えるわけもなく、今までどおり肩に背負って肥料を運び、クワでもって耕すか、せいぜい小型の耕運機を一段づつ畑の石垣越しに上げ下ろしして使うしかありません。

s-DSCN7822.jpg 
お百姓さんの大変な苦労に応え、ジャガイモが宝石のような花をつけました。

地勢は急斜面ですが、花崗岩の風化土は作物の根っこを優しく包み、海風が揺らす葉っぱには、太陽からの光が溢れんばかりに注がれます。

s-2015-10-08 101 
キャベツも今が成長の真っ盛り、大きく広げた葉っぱで太陽のエネルギーをすべて吸収、光合成反応をフル回転してガンガンと養分をため込んでいきます。

s-DSCN0695.jpg 
整備された沖離島農道を一歩外れると、昔ながらの軽トラの離合も不自由な農道ばかりです。

季節は1月ですが、落ち葉や枯れ枝はきれいに取り除いてあり、お散歩だけのよそ者には理想の遊歩道、左右も前後も上下遠近も四季折々の最高の景観が演出されます。

s-2015-03-13 133 
お城の石垣のように高く積まれた段々畑には、超小型の耕耘機を出し入れするのも一苦労です。

でもクワを使って耕すよりは格段にはかどりますし、女性でも・・・なんとか。

s-DSCN0718.jpg 
平地の何倍もの重労働がともなう段々畑では、収益性の高い花き栽培などが適しますが、設備投資や栽培技術の習得、販売ルートの開拓など、またあらたな難問もいっぱい・・・。

温室内には管理手入れがゆき届いたスイトピーが色鮮やかに咲き競います。

s-DSCN7819.jpg 
大黒神島と、海の青と、木々の新緑と、色とりどりの春の花・・・(*^。^*)です。

s-2015-03-13 187 
夏みかんの向こうに広がる岡大王集落と、その先に伸びる半島の先端が赤曲鼻、さらにその向こうは深江沖野島、長島、はるか遠くに倉橋島の山並みまでが見通せます。

s-2012-12-07 002 077 
岡大王地区の最南部、赤曲鼻の手前には巨大な温室設備を持つ、沖美ベジタ(有)があります。

建設業界からの異業種参入だそうですが、研究熱心で丁寧な作業管理、沖美町の豊かな自然環境とがうまく調和し、とても美味しいイチゴが育つといいます。
栽培品種は「紅ほっぺ」、大粒で色鮮やか、3月から5月に掛けてはイチゴ狩りも体験できます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!