岡大王 名勝「笠松」の跡

s-グーグル岡大王・笠松碑 
旧正光港の最奥、大王天満宮の乗る王城岬(鼻)の先端部に、かって「笠松」あるいは「さがり松」と呼ばれる古松がありました。

s-2015-03-13 037 
古くより人々に名勝として親しまれた「笠松」の景観は、昭和50年ごろマツクイムシの猛攻により一瞬で消滅しました。

s-2015-03-13 038 (2) 
平成になり、手狭となった県道36号線のバイパスとして海岸道路の拡張工事が進展。

削り取られる運命となった岬の先端部分に残った花崗岩の奇岩部分を移設し、新たに若松を添えて、名勝「笠松」の跡とし、旧正光港の埋め立て地にその由来が残されることになりました。

s-2016-09-15 186 
笠松の枝下、岬の先端部に残っていた奇岩は、花崗岩の風化初期にできる方状節理とよばれるものです。
ちなみに、方状節理(ほうじょうせつり)は、花崗岩のような深成岩によく見られる現象で岩体が直方体状となる節理をいいます。

岩石の節理現象には、他にも玄武岩によく見られる柱状節理や放射状節理、安山岩の板状節理があり、著明なものは国の天然記念物に指定されることも多くあります。

s-DSCN0687.jpg 
かって笠松をはじめ、松の古木で鬱蒼としていた天神の杜も、その岬を守るすべての松が枯死したことにより、急速に風化が進行、ついにはコンクリートによる崩壊防止工事を受けることとなりました。

s-2015-03-13 040 
岬の先端を削り取ってコンクリートで固め、昔からの港を埋めて幅広のバイパス沖海岸道が完成しました。

笠松 
昭和50年2月の正光港と、鬱蒼とした木々の中にある大王天満宮です。

画像でははっきりしませんが、おそらく「笠松」も健在だったろうと思われます。

CIMG3940[1] 
画像は江田島町切串にあった、花崗岩の方状節理が著明な崖です。

大王「笠松」の枝下にあった花崗岩奇岩とそっくりな状態で、つい先年までは健在でしたがこれも地震などあったら危険だということで、ワイヤーネットとコンクリートで塗り固められ、崖下のお地蔵さまも安全な場所へとお引っ越しされました。

このような自然の奇岩や古木には古来精霊がやどるとされ、信仰の対象とされました。
大王の天神様も元々はこれと同じように、花崗岩奇岩と古木笠松の自然信仰が始まりであったやも???・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!