岡大王 能美金属工業団地

s-グーグル岡大王・工業団地 
岡大王の南端、大矢鼻から赤曲鼻の間の浅海を干拓して能美金属工業団地があります。

金属団地 
鹿川の大矢地区から大矢鼻、岡大王の赤曲鼻付近(横網代)は、戦前旧海軍の燃料保管庫として干拓造成がなされたもので、昭和22年の航空写真にも、燃料タンクのあった痕跡が沢山確認できます。

赤曲鼻農地 
これらの旧海軍用地は戦後農地として近隣住民に払い下げられましたが、鹿川大矢地区の南部は1953年、三菱系資本により買収され「鹿川ターミナル 株式会社」が設立されました。
現在総容量約76万キロリットルの原重油タンクを保有し、西日本の電力事業者や一般産業家向けに原重油の受け入れ、貯蔵・払い出しの業務を行っています。

大矢鼻より西側の大王横網代地区はその後も農地として葉タバコなどを栽培していましたが、販売価格の低迷や、連作障害、農業用水不足などの諸問題もあり、昭和45年に横網代地区の一括売却が決定、46年造成工事、47年ころより一部企業の操業が開始され、「能美金属工業団地協同組合」が発足、約20社の三菱造船下請会社が移転して、建造船の部品などの製造をはじめました。

s-DSCN0679 (2) 
金属工業団地内の案内図です。

江田島市唯一となる工業団地内には、最盛期20社の造船業下請け企業が集中しましたが、その後の造船不況で半数が撤退することとなりました。

今に残る企業は精鋭中の精鋭、更なる技術の開発発展集約を目指し日本工業会をけん引すべく大きく活動を続けています。

s-DSCN0656.jpg 
横網代の能美金属工業団地遠景です。
船体ブロックや、大型の部品も簡単に搬入搬出が可能な大きな天井クレーンのトラスレールが海上にまで張り出しています。

s-2012-12-07 002 057 (2) 
金属工業団地に隣接する、フルサワ K K(旧古澤鋼材 KK)の船舶解体場で解体作業を待つ、護衛艦「ひえい」と、「SUPER LINER OGASAWARA(スーパーライナー オガサワラ)」です。

s-2012-12-07 002 035 
ちなみにスーパーライナー オガサワラは、東京~小笠原間を乗客742名と貨物210トンを搭載し、速力38ノット約16.5時間で結ぶ夢の高速連絡船となる予定でしたが、往復の燃料費が2,500万円(2005年当時)掛かることから、購入元の小笠原海運が引き取りを拒否、完成後もPR活動等に使用されたのみで、長く建造造船所である、三井玉野造船所の岸壁に係留されたままとなっていました。

2012年になって解体が決定し、江田島市のフルサワ KKが受注、当地岡大王の赤曲鼻沖に回航されました。
(ウイキペディアより引用・・・m(__)mです。)

s-2014-04-26 002 018 
2014年4月、解体場へ陸揚げされ艦首部分を残すのみとなった護衛艦「ひえい」です。

右側が艦首方向で、上甲板の中央に残った2つのドラム缶状のものは揚錨機、錨の上げ下ろしや係船用のロープを巻き取る作業で使用します。

船内の様子はわかりませんが、一般的にこの付近は倉庫として使われることが多く、錨鎖(錨用チェーン)庫、索具(ロープ)庫、ペイント庫、応急修理予備品庫などがあり、最下部にはソナードームやソナー探知機器がある?と思うのですが???です。

ちなみにヘリコプター搭載護衛艦「ひえい」は、石川島播磨重工業東京で1973年に進水1974年就役し、横須賀第51護衛隊に編入されました。
基準排水量5,050トン、全長153m、機関は蒸気タービンで70,000PS、最大速力31ノットで、5インチ速射砲、20mm機関砲、アスロック、シースパロー短SAM、短魚雷発射管を装備し、ヘリコプター3機を搭載しました。

武器など装備品を除く建造費は91億円???・・・とも。

最終所属は呉第4護衛隊、退役は2011年3月16日で、就役期間36年3ヶ月は歴代海自艦艇の中で最長、地球44周に相当する航海を無事に終え、当地で終焉を迎えることとなりました。
(ウイキペディアより引用・・・m(__)mです。)

s-DSCN0664.jpg 
昭和20年8月、人類史上最大最悪の戦が終結しました。
大きく深い反省と急速な復興とを果たしつつ、平和の時を長く満喫し続けた赤曲鼻の白砂に小さなさざ波が寄せます。

s-DSCN0660.jpg 
鉄サビのような赤い色をした花崗岩から名付けられたであろう赤曲鼻先端部です。
その先端を取り囲むように届くさざ波の向こう、大黒神島がさらなる大波到来を固く防ぐ格好で両袖を大きく広げます。

神風が吹くか、それとも台風か、できることなら薫風のままで ・・・ ・・・ です。

s-2014-08-25 027A 
その後の「オガサワラ」は2015年8月25日、沖美町岡大王から江田島町秋月の船舶解体場(フルサワ KK)へ、最後となる航海をタグボートに引かれていきました。

当時の東京都知事石原慎太郎の典子夫人により命名された「SUPER LINER OGASAWARA」は、2017年5月、すべてが解体されて、ただのアルミニュームの金属片となりました。

ちなみに研究費などを除く建造費は一説によれば115億円???とも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!