畑 大坪川・陽津川

s-畑防災PNGa・陽津川・大坪川 
畑地区の主要河川には大坪川と陽津川、さらに是長との境界近くには佐村川があります。

大坪川は江田島市最高峰である野登呂山(542m)の頂上付近の谷から水を集めますが、集水面積はさほど広くはなく、ほぼ一直線に海岸まで流れ下ります。

畑集落の北西、陽津川は数本の谷から水を集めますが、全長が短く集水面積のわりには安定した流量が望めません。

(画像は江田島市防災マップから・・・m(__)mです。)

s-DSCN3924.jpg 
大坪川の下流部です。
花崗岩の切り石やコンクリートで頑丈に造られてはいますが、川幅約1.5m、堤防の高さも1.5m弱しかありません。

s-畑19750209(S50)拡大・池・陽津川jpg 
画像は昭和50年2月、中央部の集落が畑地区で、当時はミカンを主力とする農業が最高の活気を見せたころです。

地区の周りは畑の地名ともなったと思える、畑(当時はミカン園)で囲まれており、少ない自然水をやりくりして水田も開拓されています。

不思議なのは、集落への水の供給元はわずかに大坪川のみといった乾燥地域に、これだけの大集落(畑村)がいかになり立ったのか???です。

明記した資料はみあたりませんが、おそらくは海洋性堆積物地層で保水性の良い宇根山(野登呂山)からの豊富な地下水水脈があるのだろうと想像します。

大坪川に集まる表層水のみだと、日照りが1週間も続けばカチカチに干上がってしまいます。

s-2016-02-05 225 
畑集落では唯一ともいえる、用水池(畑大池)が大坪川中流部に造られています。

農業用給配水設備が完備した今日ではほとんど使われることもありませんが、農業全盛だった昭和後期のころまでは最後に残ったバケツ一杯の水までもが争奪の対象となるくらいに、大切な黄金の水だったに違いありません。

顧みられることのなくなった畑大池ですが、今でも陽の光を反射し、鈍くはなりましたが黄金の輝きを発しています。

s-グーグル畑大池原画Abb 
画像右下の削られた丘の上に畑荒神社が建ち、谷となる大坪川の脇に畑大池が青く水を溜めます。

s-DSCN2552.jpg 
畑大池とは小径を挟んで、今は見捨てられてしまった古井戸があります。

ゴミが入らないようにと覆っていたトタン板も風にあおられ垂れ落ちていますが、水道水が通る昭和43年8月の頃までは、大池以上に大切に管理されていました。
(もちろん、それまでにも地区ごとではありますが簡易水道が整備されており、すでに飲用としての役割は終えていました。)

大石の敷かれた洗い場に溜まった水は、一滴も無駄にすることなく大池へと流し込み、さらに農業用水となって再利用がなされていました。

s-DSCN2549.jpg 
畑大池から下流方向を見ます。
道路の左が大坪川の流路となっており、そのままほぼ直線で畑漁港へと流れ込みます。

畑大池の脇には「畑ポンプ所」がありますが、このポンプは広島太田川から送られ畑地区へと届いた水道水をさらに高い位置にある貯水兼配水用の水道水タンクへと送るためのポンプであり、畑大池の溜まり水を利用するポンプではありません・・・(*^。^*)です。

s-DSCN2561.jpg 
元沖小学校・沖中学校の脇を流れ下る陽津川の中流部です。
かってはこの僅かな水も最大限に利用して田んぼや畑がつくられていましたが、残念ながら・・・(^^;)です。

s-DSCN2563.jpg 
農道の中央に真新しいコンクリとが白い帯となって続きますが、この部分の地下には遠く沖美町三吉、木下川上流部に造られた三高ダムより送られた、農業用水が流れる給配水管が埋まっています。

そして農道の左には石を積み、コンクリートで防水処理をした小さな水路があります。
農業の盛んだった昭和の時代にはこのような細い水路が縦横に張り巡らされており、河川から流れ下る水を一滴の無駄もなく、田畑に循環させていました。

梅雨に入った今の時期なら、ピカピカに手入れされた水路を細い水流がサラサラと音を立て、下段の田んぼへと途切れることなく水を送っていました。

ただ、毎年同じ時期に同じ量の降水量があるわけなどありえません。
多く降れば、水路や田んぼの畔は決壊し濁流となってさらに下流へと被害を拡大し、少なければ田んぼやあぜ道はひび割れ、丹精込めたミカンの樹も、葉っぱが黄色くなり実が落ち、やがて枯れ木ばかりの畑になってしまいます。

「水を制する者は国を制す」三高ダムからの給配水だけで安心するのは・・・です。

s-DSCN3925.jpg 
下水道整備の進捗により再び綺麗な川に戻りつつある、大坪川の最下流域です。
ボラの子やクサフグの影が動きます。
うまくすればシラウオとか、ウナギなんかも、のぼってくるかも?・・・(*^。^*)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!