9)ジシバリ(イワニガナ)

9a)ジシバリ(イワニガナ)
キク科ニガナ属の多年草で花期は4月~7月


北海道から九州にかけて分布し花茎高は5~15cm、道端や草地などに生育します。
花茎は上部で枝分かれをし、1輪から3輪、花径2cmくらいの黄色い花をつけます。

伸びた茎のところどころから根を出して増える様子が地面を縛るようだというのが名の由来で、岩の上やアスファルト道路にも這い出すことから別名をイワニガナともいいます。

20180414江田島町江南
s-DSCN6445.jpg 


9b)オオジシバリ
キク科ニガナ属の多年草で花期は4月~7月

北海道から九州にかけて分布し草丈、花径(2~3cm)共にジシバリよりはやや大きく、道端や草地、田畑などのやや湿潤な地に生育します。
ジシバリの葉は小さく、円形であるのに対し、オオジシバリの葉はヘラ形で全体に大きいのですが、両種の分類は難しく、また島内で見るのは大部分がオオジシバリです。

20120423江田島市内
s-2012-04-23 002 023 

20130418江田島町鷲部
s-2013-04-18 002 055 

20180330大柿町深江新開
s-DSCN4454.jpg 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!