FC2ブログ

2)マツヨイグサ

アカバナ科マツヨイグサ属の多年草で花期は4月~9月

南アメリカが原産地で江戸時代後期に観賞用として渡来しました。
関東北部以西に分布し、路傍や海岸、河原で繁殖、草丈は1m近くになります。

花は夜咲きで黄色の4弁花、径は8cmくらいでオオマツヨイ草に似ますが、冬場のロゼット葉が大きく開くことはなく、立ち上がって束生します。

同属にはオオマツヨイグサ、メマツヨイグサ、コマツヨイグサがあり、近年では桃色花のアカバナユウゲショウ、ヒルザキツキミソウなども人家廻りから路傍へと逸脱しています。

江田島市内で春先に目につきやすいのはマツヨイグサのことが多く、他の属は晩春から夏、初秋によく見ます。

20180512沖美町三吉
s-DSCN9925.jpg 

20180413大柿町柿浦
s-DSCN6217.jpg 

20180413大柿町柿浦
s-DSCN6168.jpg 

20180413大柿町柿浦
s-DSCN6087.jpg 

20170522能美町中町
s-DSCN9350.jpg 

20140426江田島町小用
s-2014-04-26 001 031 (1024x768) 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!