FC2ブログ

追1)ミツマタ

ジンチョウゲ科ミツマタ属の落葉低木で花期は3月~4月

中国中南部からヒマラヤ地方が原産地とされ、樹高は2mくらいです。
花(ガク)はラッパ状で枝先に集まって咲き、先端が4裂し、花径は8mmくらいです。

日本への渡来時期は不明で、万葉歌人である柿本人麻呂の和歌で、三枝(さきくさ)と読まれたのが最初の記録だとされます。

また和紙の原料として利用され始めた時代も定かではないのですが、おそらくは8世紀後半にはガンピなどと共に紙漉きに利用されていたのでは?といわれます。

ちなみに、日本のお札「日本銀行券」は、ミツマタが主原料ですが、その大半は外国からの輸入品でまかなっており、国内では僅かな量が岡山県、徳島県、島根県等で生産されます。

江田島市内では民家の庭先で早春の花を楽しむための花木として栽培されています。

20170320江田島町切串
s-DSCN3196.jpg 

20180323江田島町中央
s-DSCN2994.jpg 

20180322江田島町切串
s-DSCN2850 (2) 

20150214江田島町中央(蕾)
s-2015-02-14 014 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!