FC2ブログ

追6)チャボタイゲキ

トウダイグサ科トウダイグサ属の1年草で花期は5~8月

ヨーロッパ、北アフリカ、西アジアが原産地で江戸中期に渡来、関東以南~九州の道ばたや畑で生育、草丈は30cmです。

葉っぱは2cmくらいの小判型で半開状、多数の枝に分岐して枝先に杯状花序をつけます。
花は黄緑色で3mmくらいの4弁花ですが花弁の両端が尖っているため、小さく輝く星のようにもみえます。

江田島市内では畑の廻りや農道、荒れ地などに普通にみます。

葉っぱが半分閉じており、乾燥し萎びたような弱々しい感じですが、「この植物の汁は、急速に複製するヒトの組織に対して毒性があり、がんを含む一般的な皮膚の病変に対する伝統的治療薬として使用された」との記事もあり、あなどれない植物ではあります。

ただし、トウダイグサ属特有の毒成分も多く含みますので、ご利用等にあたってはすべて自己責任で・・・(*^。^*)です。

20180326江田島町小用(花)
s-DSCN3597 (2) 

20180326江田島町小用
s-DSCN3605.jpg 

20130319江田島町小用
s-2013-03-19 002 039 

20110220江田島町小用
s-110220 008 

20180529江田島町秋月
s-DSCN2008.jpg 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!