FC2ブログ

追8)トウゴマ

トウダイグサ科トウゴマ属の多年草で花期は7~10月

東アフリカが原産地で、古い時代に中国を経由して渡来、西日本の一部地域で野生化しています。
草丈2mくらい、オクラのような葉っぱや草体をしていますが、葉腋に総状花序を付け、赤いイガグリ状で3cmくらいの実が成ります。

トウゴマの種子から採れるひまし油は、工業用の潤滑油や化粧品の材料として広く利用されており、インド、中国、ブラジルなどで栽培が盛んです。

江田島市内では観賞用として、庭の隅などで稀に栽培されています。
種子には有毒タンパク質のリシンや、毒性アルカロイドのリシニンが含まれるため注意が必要です。

20151110能美町鹿川
s-2015-11-10 111 

20170915沖美町三吉
s-DSCN0698.jpg 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!