FC2ブログ

追17)ゲンゲ(レンゲソウ)

マメ科ゲンゲ属の越年草で花期は4~6月

中国大陸が原産とされ江戸時代よりも以前に移入、北海道~九州の日当たりが良くて湿ったところを好んで生育します。

茎は基部で分岐し草丈は最大50cm、葉っぱは奇数羽状複葉で小葉は2cmくらいの卵形で7~11枚がつきます。

花は1cm、紅紫色の蝶形花で長い花茎の先に十個くらいが輪状に集合します。
古くより、緑肥、牧草、蜜源として重用されています。

江田島市内では田んぼやその付近のあぜ道、農道脇などで普通にみます。

化学肥料や農薬などに多くを依存した農業経営が見直されつつあり、レンゲソウの緑肥効果に加え、生物多様性の保全や循環促進、さらに景観としての良さなど多面的な効果が期待され始めています。

20150409大柿町深江
s-2015-04-09 135 (2) 

20090418江田島町小用
s-CIMG4180 (2) 

20170328沖美町三吉(水田緑肥)
s-DSCN3782 (2) 

20180330大柿町大原
s-DSCN4452.jpg 

20170428能美町高田(水田緑肥)
s-DSCN6290 (2) 

20190320沖美町三吉
s-IMG_2335 (2) 

20190320沖美町三吉
s-IMG_2388 (2) 

20190426大柿町飛渡瀬
s-IMG_4727.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!