FC2ブログ

2)イタビカズラ

クワ科イチジク属の常緑つる性木本で花期は6~7月

福島・新潟~沖縄の林縁に生え、岩や樹木に気根で付着、分枝して10m近く成長します。

葉っぱは互生し、長楕円形で6~13cm、葉先は長くとがります。

雌雄別株ですが花嚢は同じで8~12mmくらいの球形となり、葉腋に1~2個が付きます。
花嚢内部には小さな花が密生しますが、外からはみえません。

果嚢は径12mmくらいの球形となり、秋に黒紫色に熟します。
完熟した雌果嚢はとても甘くておいしいのですが、雄果嚢はかたくて食べられません。

江田島市内では山野林縁、人家廻りなどに普通に生えていますが、雌株はめったにみません。
屋敷の石垣やブロック塀などに絡ませ生け垣とすることもありますが、葉っぱの先端が丸く、やや樹勢のおとなしいメイタビが使われることの方が一般的です。

20120918江田島町鷲部(雌果嚢・味は甘いブルーベリーみたいです)
s-2012-09-18 002 046 

20090520江田島町小用(雄果嚢・不味くて食べられません)
s-イタビカズラCIMG4546 

20200418江田島町小用(雄果嚢)
s-IMG_8639.jpg 

20100130江田島町小用
s-イタビカズラ100130 110 (2) 

20180323江田島町鷲部(葉っぱ)
s-DSCN3170.jpg 

20170513江田島町小用
s-DSCN8261.jpg 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!