FC2ブログ

追1)トキワツユクサ

ツユクサ科ムラサキツユクサ属の常緑多年草で花期は5~8月

南アメリカが原産地で、日本には昭和初期に観賞用として移入されました。

繁殖力が強く本州~九州の各地で逸脱野生化しており、要注意外来生物に指定されています。

林下や道路脇などの日陰や湿潤地に群落を形成、茎は匍匐し草丈50cm、葉っぱには柄がなく、基部は葉鞘となり、葉身は卵形楕円形で3~6cm、葉先は尖ります。

花は葉わきや茎頂に1~3個がつき、花弁は白色の三角形で3枚が同形となり花径は2cmくらいです。

トキワツユクサ(ノハカタカラクサ)と酷似したものに、ミドリハカタカラクサ(シロフハカタカラクサ)、オオトキワツユクサ、などもあり、トキワツユクサは結実しますが、ミドリハカタカラクサやオオトキワツユクサは結実しないとされます。

江田島市内では道路脇の溝や、林縁の日陰などに小規模な群落をつくっています。

20120517江田島町小用
s-2012-05-17 002 016 (2)

20150525江田島町小用
s-2015-05-25 041

20170518江田島町小用
s-DSCN8778 (2)

20170527江田島町小用
s-DSCN9844.jpg

20190601江田島町小用
s-IMG_7176 (2)

20170708大柿町飛渡瀬(斑入り)
s-DSCN5272 (2)

20160703大柿町飛渡瀬(白化)
s-2016-07-03 116 (2)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

わきです

Author:わきです
FC2ブログへようこそ!